車両周辺監視システム「マルチアングルビジョン」

富士通テン株式会社様

車両の周囲を様々な視点から立体的な俯瞰映像で表示する周辺監視システム「マルチアングルビジョン™」に、eCROSが採用されました。マルチアングルビジョンは、トヨタ車の「プリウス」などのディーラーオプション製品「マルチアングル全周囲モニター」に採用されています。イーソルは、リアルタイムOS「eT-Kernel」を中心とするeCROSの提供を通じ、マルチアングルビジョンの高いリアルタイム性と信頼性の実現と、効率的なソフトウェア開発に貢献しました。

マルチアングルビジョンは、車両の前後および左右のミラーに装着された4つのカメラで撮影した周辺の映像を、リアルタイムに高速演算処理して立体的に合成し、周囲の風景も含めた様々な視点や角度からの俯瞰映像を生成するシステムです。カーナビゲーションシステムのディスプレイに表示することで、ドライバーの視界を補助し、安全運転を支援します。マルチアングルビジョンには、富士通セミコンダクター社の車載機器向け画像表示LSIが採用されています。eT-KernelとeCROSの開発ツール「eBinder」は、富士通セミコンダクター社が開発・提供する車載機器用画像表示LSI向けソフトウェア開発キットに標準採用されています。

   
マルチアングルビジョン 表示映像  左右・後方からの視点映像  視点切り替え機能付き周囲画面 



採用製品