セミナー

多様なマルチコアシステム構成に対応できるリアルタイムOS

マルチコアプロセッサには、同種のコアが載ったホモジニアス型、異なるコアが載ったヘテロジニアス型があります。そして最近では、フリースケール・セミコンダクタ社製 i.MX 6シリーズ・プロセッサ、 富士通セミコンダクター社製 MB86R10/ MB86R20シリーズ 、ルネサス エレクトロニクス社製 R-Carシリーズ、アルテラ社製 アルテラSoC、ザイリンクス社製 Zynq-7000 All Programmable SoCなど、それぞれの特性を生かしたマルチコアプロセッサが多数出てきています。それに伴い、ソフトウェアは、SMP、AMP、または両方の混在、など多様な構成が考えられます。

本セミナーでは、多様なマルチコアシステム構成に対応できるT-Kernel拡張版リアルタイムOS「eT-Kernel」およびマルチコアプロセッサに対応した「eT-Kernel Multi-Core Edition」をメインにご紹介します。eT-Kernel Multi-Core Editionは、ひとつのシステム/OS上で、高いスループットを達成するSMPのメリットと、シングルコア向けソフト資産の再利用やリアルタイム性の保証を可能にするAMPのメリットの両方が実現できるリアルタイムOSです。セミナーの最後には、eT-Kernel Multi-Core Editionと開発環境「eBinder」が動作するデモを実演いたします。

またマルチコアシステム開発においてシステム保護を実現し高い信頼性を付加する、メモリ保護技術「Memory Partitioning」や時間保護技術「Temporal Partitioning」、AMP型/SMP型の混在を可能にし、それぞれのメリットを取り入れながら多様で柔軟なシステム構成を実現できる「ブレンドスケジューリング」など、イーソルの独自技術のご説明も行います。

マルチコア用ソフトウェア開発を行っている方、あるいは今後予定のある方などにお勧めのセミナーです。

参加料は無料です。お気軽にご参加ください。


概要

日程 2014年12月18日(木)13:30~17:00(13:00受付開始)
会場 イーソル株式会社 セミナールーム(ハーモニータワー22F)
東京メトロ丸ノ内線、都営大江戸線「中野坂上駅」より徒歩1分
※当日は会場まで直接お越しください。
参加料 無料(事前登録制)
対象者 ・マルチコア用ソフトウェア開発を行っている方、あるいは今後予定のある方
・マルチコア用ソフトウェア開発で、シングルコア用ソフト資産を流用した効率化に興味がある方
・マルチコア用ソフトウェア開発のポイントを知りたい方
・マルチプログラミングにご興味がある方
内容
13:00 開場、受付開始
13:30~13:35 本日のセミナー進行について その他
13:35~14:15 マルチプロセッシングの概要
14:15~15:05 マルチコア対応OS「eT-Kernel Multi-Core Edition」
15:05~15:15 休憩
15:15~15:45 「eT-Kernel Multi-Core Edition」のシステム保護技術
15:45~16:35 マルチコアシステムの開発環境「eBinder」の紹介とデモ
16:35~16:50 イーソル製品・サービスのご紹介
16:50~17:00 質疑応答
※都合によりプログラム内容が変更される場合があります。

※定員になり次第、締め切らせていただきますので、予めご了承ください。
※お客様を優先させていただくため、同業者の方は、受講をご遠慮いただく場合があります。
※ご提供頂くお客様の個人情報は、本セミナーに関するご連絡、本セミナー開催にあたって付随する業務の実施のために利用するとともに、当社および当社パートナー企業より実施される、製品・サービスのお知らせ・PR、各種イベント・セミナー・キャンペーンのご案内に使用する場合があります。また、当社は、外部の業者に業務の一部を委託する際に、業務委託先に対して、必要な範囲で個人情報を提供することがあります。

終了しました