セミナー

新時代のスケーラブルリアルタイムOS ~マイコンからマルチコア、マルチプロセッサまで対応~【終了】

IoT時代の知能化するシステム向けの高性能なコンピューティングパワーを支えるために、ホモジニアス/ヘテロジニアスマルチコアプロセッサや、メニーコアプロセッサが実際の組込みシステムに採用されるようになってきました。さらに、性能やアーキテクチャの異なる複数のマイコンやCPUを組み合わせて利用する高度なシステムも多数開発されています。

イーソルは、日本でトップシェアを持つμITRON仕様リアルタイムOSをはじめとする従来のリアルタイムOSとはまったく異なる、新しいアーキテクチャを採用したスケーラブルリアルタイムOS「eMCOS」を開発しました。eMCOSは、コア数の違いに加え、オンチップフラッシュマイコンやGPU、FPGAなどアーキテクチャが異なるヘテロジニアスなハードウェア構成をサポートするスケーラビリティを実現しています。

本セミナーでは、eMCOSがこれまでのリアルタイムOSとは何が異なるのか、どのようなCPUやシステムに適しているかなどを実例を交えてご紹介いたします。

さらに、新しくEclipseに対応した開発ツール「eBinder」をご紹介します。eMCOSに加え、機能安全認証を取得したリアルタイムOS「eT-Kernel」ベースのソフト開発で共通で使える開発環境です。

IoT、ネットワーク化、高精細GUI、知能化などをキーワードとする、次世代の組込みシステム開発に従事されるすべての方にお勧めのセミナーです。

参加料は無料です。お気軽にご参加ください。


概要

日程 2016年12月9日(金)13:30~17:00(13:00受付開始)
会場 イーソル株式会社 セミナールーム(ハーモニータワー24F)
東京メトロ丸ノ内線、都営大江戸線「中野坂上駅」より徒歩1分
※当日は会場まで直接お越しください。
参加料 無料(事前登録制)
対象者 ・組込みソフトウェア開発に従事する方全般
内容
13:00 開場、受付開始
13:30~13:35 本日のセミナー進行について その他
13:35~14:35 スケーラブルRTOS「eMCOS」は従来のRTOSと何が違うのか?
14:35~15:20 開発ツール「eBinder version2」によるスケーラブルなソフトウェア開発手法
15:20~15:35 休憩
15:35~16:20 eMCOSをサポートするソフトウェア並列化ツール
16:20~16:50 イーソル製品・サービスのライセンス体系のご紹介
16:50~17:00 質疑応答
※都合によりプログラム内容が変更される場合があります。

※定員になり次第、締め切らせていただきますので、予めご了承ください。
※お客様を優先させていただくため、同業者や個人の方、個人とお見受けされる方などは、受講をご遠慮いただく場合があります。
※ご提供頂くお客様の個人情報は、本セミナーに関するご連絡、本セミナー開催にあたって付随する業務の実施のために利用するとともに、当社および当社パートナー企業より実施される、製品・サービスのお知らせ・PR、各種イベント・セミナー・キャンペーンのご案内に使用する場合があります。また、当社は、外部の業者に業務の一部を委託する際に、業務委託先に対して、必要な範囲で個人情報を提供することがあります。

終了しました