プレスリリース

デンソー製車両周辺監視システムにイーソルの機能安全リアルタイムOSが採用

~安全性を担保するセーフティメカニズムの構築を支援~

報道関係者各位 
イーソル株式会社

イーソル株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:長谷川 勝敏、以下イーソル)は、株式会社デンソー(以下、デンソー社)が開発した車両周辺監視システムに、イーソルの機能安全対応マルチコアプロセッサ向けリアルタイムOS「eT-Kernel MCE(Multi-Core Edition)」を中核とするソフトウェアプラットフォーム(以下、eTK MCEベースプラットフォーム)が採用されたことを発表します。eTK MCEベースプラットフォームに加え、イーソルの機能安全対応における豊富な知識や経験に基づくセーフティメカニズムの構築を支援するサービスを提供しました。これにより、厳しいリアルタイム性や高い品質が求められる車両周辺監視システムの開発において、機能安全に対応した優れた安全性・信頼性の確保に貢献しました。


デンソー社が開発した車両周辺監視システムは、高精度のカメラ映像および画像処理技術の組み合わせにより、車両周辺に搭載されたカメラの画像を合成し、鮮明な映像と高い検知機能を提供するシステムです。

eT-Kernelは、機能安全規格ISO 26262(自動車)および IEC 61508(産業機器)ともに最高の安全度水準(ASIL D 、SIL 4)のプロダクト認証の取得実績を有しています。また、イーソルのリアルタイムOS製品の開発プロセスは、医療機器向け安全規格IEC 62304に準拠していることが認証された実績を有しています。eBinder®は、ISO 26262/IEC 61508で規定されている要件を満たす手順で開発されている信頼性の高い開発環境です。さらに、eT-KernelおよびeBinderユーザ向けに、イーソル製品を使ったユーザシステムでの機能安全実現に関わる情報やエビデンスが含まれる、セーフティ・マニュアルやセーフティ・レポートなどをパッケージにした「eT-Kernel Safety Package」を提供しています。イーソルは、ユーザが自社製品の開発および機能安全規格への対応実現に注力できるよう、ユーザのニーズに合わせた機能安全対応を包括的にサポートします。



イーソル株式会社 常務取締役 上山 伸幸 のコメント

「デンソー様の車両周辺監視システムにeT-Kernel MCEベースプラットフォームをご採用いただき大変光栄です。イーソルは今後も、厳格なリアルタイム性や高信頼性が求められる組込みシステムにおける豊富な開発実績と、自社製品の機能安全認証の取得実績で培った経験やノウハウを活用し、車載システム開発における品質・安全性確保を強力に支援します。」



■補足資料 

eT-Kernel MCEについて


eT-Kernel MCEは、マルチコアプロセッサを使う組込みシステムのためのリアルタイムOSです。独自の「ブレンドスケジューリング」機能により、ひとつのシステム内で、SMP型およびAMP型が混在した複数個のプログラムを共存させられます。「Single Processor Mode(SPM)」と「True SMP Mode(TSM)」をベースとする4つのスケジューリングモードを用意しています。プログラムによって適切なモードを選択することで、高スループットの実現などのSMP型プログラムのメリットと、リアルタイム性の確保やソフトウェア資産の再利用の容易さといったAMP型プログラムが持つメリットの、両方をひとつのシステム内で実現できます。

>> eT-Kernel MCE詳細


イーソル株式会社について


イーソルは、革新的なコンピュータテクノロジーで豊かなIoT社会を創造する、1975年創業の、組込み・IoT分野のリーディング企業です。リアルタイムOS技術を核とするソフトウェアプラットフォーム製品とプロフェッショナルサービスは、厳しい品質基準が求められる車載システムを筆頭に、FA、人工衛星、デジタル家電を含むあらゆる分野で、世界中で採用されています。最先端の自社製品の研究・開発や、主要メーカーや大学機関との共同研究に加え、AUTOSAR、マルチ・メニーコア技術の標準化活動を積極的に進めています。

>> イーソル会社情報へ


* イーソル、イーソル株式会社、eT-Kernel および eBinderは、イーソル株式会社の日本及びその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載された社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。


報道関係者向けPDF形式ファイルはこちら

プレスリリース・記事執筆・取材依頼等はこちらから

資料請求・お問い合わせ・お見積り