セミナー

リアルタイムOSを活用した画像処理・画像認識

近年、自動車での歩行者/車線検出、マシンビジョンシステムでの物体/属性認識、監視カメラやコンシューマ機器での人認識や画像補正など、組込み機器において画像処理・画像認識の技術が求められる場面が増えています。

これまで組込み機器で画像処理を行う場合、性能を確保するため、GPUやDSP、FPGAなどを、画像処理専用に使用するケースが多くあります。また、リアルタイム性や、ハードウェアリソースの課題を抱えながら、画像処理用のライブラリやミドルウェアが豊富なLinuxを利用するケースもあります。

イーソルでは、ARM® Cortex®-Aシリーズ搭載プロセッサ1チップだけで実現できる、リアルタイムOSベースの画像処理・画像認識機能をご提案しています。これにより、画像処理専用のハードウェアやLinuxを動かすための多くのリソースが不要となるため、リアルタイムOS上での画像処理・画像認識機能を低コストで実現できます。本製品は、リアルタイムOSの特性により、自動車、FA・産業機器、コンシューマ機器といった、リアルタイム性と信頼性が必要な幅広い組込み機器に最適です。

本セミナーでは、コンピュータビジョンやディープラーニングを実現する画像処理・画像認識ソフトウェアについて動画デモを交えてご紹介したのち、画像処理・画像認識システムでリアルタイムOSを使うメリットについて解説します。さらに、実機を用いて、T-Kernel拡張版リアルタイムOS「eT-Kernel」上で、画像処理の高速化ライブラリが動作するデモを実演します。

画像処理・画像認識システムの開発に携わっている方はもちろん、今後そうしたシステムの開発に携わる予定がある方にもお勧めのセミナーです。

参加料は無料です。お気軽にご参加ください。


概要


★お申し込み多数につき、会場を変更させていただきました。
★本セミナーは、多数のお申し込みを頂き、定員に達したため、締め切らせていただきました。

日程 2015年8月4日(火)14:00~17:30(13:30受付開始)
会場 サンブライトツインビル2F 貸会議室
東京メトロ丸ノ内線、都営大江戸線「中野坂上駅」出口直結
※当日は会場まで直接お越しください。
参加料 無料(事前登録制)
対象者 ・画像処理・画像認識システムの開発に携わっている方、または今後携わる予定がある方
・画像処理・画像認識システムでリアルタイムOSを使うメリットについて知りたい方
内容
13:30 開場、受付開始
14:00~14:05 本日のセミナー進行について その他
14:05~15:05 ARM Cortex-Aシリーズ搭載プロセッサ向け画像処理・画像認識技術の性能とデモ
・Uncanny Vision社製 コンピュータビジョン高速化ライブラリ
・UURMI社製 画像処理・画像認識ソフトウェアIP
・PUX社製 画像認識ソフトウェア
・Uncanny Vision社製 ディープラーニングライブラリ
15:05~15:15 休憩
15:15~16:05 画像処理・画像認識システム向けリアルタイムOSベースプラットフォーム「eT-Kernel Platform」
・リアルタイムOSの基礎と導入のメリット
・eT-Kernelプラットフォームの特長と性能
16:05~16:55 eT-Kernel Platformを活用した、高速コンピュータビジョンライブラリ「UncannyCV」の性能とデモ
16:55~17:20 イーソル製品・サービスのライセンス体系と価格
17:20~17:30 質疑応答
※都合によりプログラム内容が変更される場合があります。

※定員になり次第、締め切らせていただきますので、予めご了承ください。
※お客様を優先させていただくため、同業者や個人の方などは、当社の判断で、受講をご遠慮いただく場合があります。
※ご提供頂くお客様の個人情報は、本セミナーに関するご連絡、本セミナー開催にあたって付随する業務の実施のために利用するとともに、当社および当社パートナー企業より実施される、製品・サービスのお知らせ・PR、各種イベント・セミナー・キャンペーンのご案内に使用する場合があります。また、当社は、外部の業者に業務の一部を委託する際に、業務委託先に対して、必要な範囲で個人情報を提供することがあります。

申込を締め切りました