ニュースレター

【製品情報】イーソルのハンディターミナル用アプリケーション開発ツール「Emusen™シリーズ」がデンソーウェーブ製ハンディターミナル「BHTシリーズ」の新型4機種に対応

現場の環境や運用方法により最適なハンディターミナルの選択を可能にし、効率的なアプリケーション開発を実現


イーソルは、イーソルの無線LAN搭載ハンディターミナル用エミュレータ開発支援ツール「eSOL Emusen(イムゼン、以下Emusen)」および、GUI画面での簡単操作でバッチ処理型アプリケーションを容易に作成できるソフトウェアツール「eSOL Emusen easy(イムゼン イージー、以下Emusen easy)」が株式会社デンソーウェーブ(以下、デンソーウェーブ)の開発・販売するハンディターミナル「BHTシリーズ」の新型4機種に対応したことを発表します。

今回Emusenシリーズが対応したのは、デンソーウェーブ製独自OS「BHT-OS」を搭載した「BHT-S30」「BHT-S40」および、Androidを搭載した「BHT-M60」「BHT-M80」です。Emusenシリーズが対応するハンディターミナルのラインアップへ新たにこの4機種が加わったことにより、ユーザは現場の環境や運用方法に合わせてより最適なハンディターミナルを選択できるようになりました。またアプリケーション開発の際には、必要な機能に合わせてEmusenまたはEmusen easyを選択でき、効率的なアプリケーション開発を実現します。


■Emusenシリーズについて

Emusenは、無線LAN搭載ハンディターミナルに対応したエミュレータ開発支援ツールです。国内外の多種多様なハンディターミナルへの対応実績があります。Emusenで開発したアプリケーションは、OSが異なるハンディターミナル上で無線エミュレータシステムとして動作させることができます。ユーザはハードウェア依存部を変更するだけで、同一アプリケーションを異種複数のハンディターミナルで使えるようになります。さらに、従来ハンディターミナル向けのシステム開発において必要不可欠だった、ハンディターミナル・サーバ間の通信プログラム開発は不要なため、開発期間の大幅な短縮とコスト低減を実現できます。アプリケーション起動中は常時サーバと接続し、リアルタイムなデータ送受信および更新が可能です。Emusenのシミュレータ機能により、手元に実機がなくてもハンディターミナル上での動作をイメージしながらアプリケーション開発が行えます。

Emusen easyは、GUI画面での簡単な操作でハンディターミナルのアプリケーションを作成できるソフトウェアツールです。決められた項目から必要な機能を選択するだけで、アプリケーションを作成できるため、急なアプリケーション変更にも素早く、柔軟に対応できます。入出庫処理や棚卸処理などのバッチ処理型の運用に適しています。また、パソコンとの通信制御プログラムや、スキャナ制御プログラムが標準で搭載されているため、ユーザはアプリケーションの作成に集中できます。

▼ Emusenシリーズに関する詳細はこちら

eSOL Emusen
eSOL Emusen easy


■デンソーウェーブ製ハンディターミナルについて

新型4機種のBHTシリーズは、新開発の読み取りエンジンと高密度センサーを搭載し、ビニールやガラス越しの歪んだコードもストレスなく読み取ることができます。多機能性やコミュニケーション機能を重視するユーザに最適なAndroidを搭載したBHT-Mシリーズと、安定動作を実現し長期サポートが可能なデンソーウェーブ製独自OSのBHT-OSを搭載したBHT-Sシリーズが用意されています。


* イーソル、イーソル株式会社、Emusen、イムゼンは、イーソル株式会社の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載された社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース・記事執筆・取材依頼等はこちらから

資料請求・お問い合わせ・お見積り