ニュースレター

【新トレーニングコース】Cortex-R52 対応「Armv8-R アーキテクチャ仕様解説」を開始

Arm社認定アーキテクチャトレーニングコースで新たなコースを開始します。


今後採用増加が見込まれるArmv8-R Cortex-R52コアには以下のような特徴的な機能があります。

 ・2つのMPU
 ・ハイパーバイザと、それに対応した割込み処理
 ・新たなバリア命令(DFB)


本コースでは、上記を含めたArmv8-Rアーキテクチャについてわかりやすく解説します。

このトレーニングコースを受講頂き、Armv8-R Cortex-R52コアのアーキテクチャについてあらかじめ理解することにより、ソフトウェア開発をスムーズに行うことができます。


【コース 概要】
 ◎ 2日間コース (1日あたり7時間、計14時間)

 ◎ カリキュラム:
  1. Armv8-R Cortex-R52概要
  2. Armv8-R アセンブラ命令概要
  3. メモリ管理とMPU
  4. キャッシュとTCM
  5. メモリバリア
  6. マルチコア環境における共用メモリの扱い
  7. ハイパーバイザー
  8. 例外処理と割り込み、GIC概要

 

 このコースの初回実施は7月16日(火)を予定しております。


  詳細およびお問い合わせ・お申し込みは、↓こちらのページを参照ください。 
  https://www.esol.co.jp/embedded/arm_training.html 

プレスリリース・記事執筆・取材依頼等はこちらから

資料請求・お問い合わせ・お見積り