2014年12月17日


2015年2月6日(金)に東芝 セミコンダクター&ストレージ社が主催する「ARM®コア搭載東芝汎用マイコンコラボ無料セミナー」(会場:ラゾーナ川崎プラザソル)に、イーソル社員が登壇します。

本セミナーでは、東芝 セミコンダクター&ストレージ社によるARM® Cortex®-Mシリーズ搭載 東芝32ビットマイコン製品のラインアップおよび新技術の紹介に加え、イーソルを含む国内の東芝マイコン開発サポートベンダーが、開発環境製品と東芝マイコンとの連携によるアプリケーションやソリューションの事例を紹介します。

イーソルは、『東芝 セミコンダクター&ストレージ社製TXシリーズマイコン用機能安全ソフトウエアライブラリのご紹介』と題して、IEC61508/ISO26262準拠ソフトウェア・テスト・ライブラリについて概説します。

また、セミナー会場に設けられる展示コーナーでは、東芝 セミコンダクター&ストレージ社製TX03/TX04シリーズマイコンに対応する「UCT μT-Kernel 2.0 GCC開発キット」のデモ展示を行います。


  • イーソル講演概要
日時2015年2月6日(金) 14:55~15:20
タイトル東芝 セミコンダクター&ストレージ社製TXシリーズマイコン用機能安全ソフトウエアライブラリのご紹介
講演者
イーソル株式会社 新規事業推進室 海外営業グループ
マネージャ 巣山浩生
概要
東芝 セミコンダクター&ストレージ社製TXシリーズマイコンに対応したCPUコア(ARM Cortex-M)の故障検出を行うソフトウエア・テスト・ライブラリ「fRSTL」をご紹介します。fRSTLは、機能安全で著名なイタリアYogitech社の製品で、IEC61508およびISO26262に準拠し、SIL2/ASIL Bに対応しています。イーソルは、Yogitech社より日本でのライセンス権を得ています。


本セミナーの受講は無料/事前登録制です。詳細はこちらをご覧ください。