イベント

ARM Technology Symposia 2015 Japan

イーソルは、ARM Technology Symposia 2015 Japanに、デモ展示と講演で参加します。

本イベントでは、アーム社の最新情報とパートナー各社の技術・マーケティング情報が紹介されます。

イーソルは、ARMコアが搭載された多様なCPUをサポートし、機能安全規格ISO 26262 ASIL D(自動車)/IEC 61508 SIL 4(産業機器)の第三者認証を取得したリアルタイムOS「eT-Kernel」をコアとする、T-Kernelベースソフトウェアプラットフォーム「eT-Kernel Platform」とパートナー社製HMIツールを組み合わせた車載システムソリューション、およびディープラーニングを含む画像処理・画像認識技術のデモ展示を行います。

講演では「次世代のクルマ向け統合リアルタイムOSプラットフォーム」と題して、AUTOSARが求められる制御系、ADAS、HUDなどGUIを持つ情報系、さらには将来の自動運転技術を包括する、ワンストップのRTOSプラットフォームの最新技術に加え、ARM製品のサポートを含むロードマップについて紹介します。

イーソルブースへのお立ち寄りと、イーソルによる講演のご聴講をお待ちしております。

概要

日程2015年12月2日(水)9:00~19:00 (受付開始:9:00)
※セミナー開始は9:30~、17:40より懇親会
会場東京コンファレンスセンター・品川
参加料無料(事前登録制)
申し込み



講演

以下のセッションに登壇します。
日程
2015年12月2日(水) 15:00~15:30
セッションNo.
D-3
講演タイトル
次世代のクルマ向け統合リアルタイムOSプラットフォーム
講演概要
IoT時代が本格化し、クルマはクラウドサーバや「V2X」など車外の機器や情報との連携が進む一方、車内でも従来分離していた情報系、制御系システムが高度に融合しています。本講演では、AUTOSARが求められる制御系、ADAS、HUDなどGUIを持つ情報系、さらには将来の自動運転技術を包括する、ワンストップのRTOSプラットフォームの最新技術に加え、ARMv8-M/R、ARM TrustZone®のサポートを含むロードマップについて解説します。
講演者
金子 智範
エンベデッドプロダクツ事業部 営業部 営業技術課 課長