イベント

Zynq-7000 All Programmable SoC セミナ2014



イーソルは、東京エレクトロン デバイス社主催の「Zynq-7000 All Programmable SoC Seminar 2014」に参加します。

本セミナーでは、昨年10月に開催された同セミナーの応用編として、Zynq-7000 All Programmable SoCを活用するための、開発フロー、開発ツールおよび設計手法が東京エレクトロン デバイス社より紹介されます。

イーソルは、東京エレクトロン デバイス社のエコシステムパートナーとして、機能安全規格の認証を取得予定のZynq-7000 AP SoC対応リアルタイムOSベースプラットフォーム「eT-Kernel Platform評価キット」のデモ展示を行います。

ぜひイーソルブースへのお立ち寄りください。

概要


日程 2014年7月25日(金)10:00~17:30(受付開始 9:30~)
会場 フクラシア品川クリスタルスクエア
参加料 無料(事前登録制)
申し込み

イーソル展示概要

Zynq-7000 AP SoC対応「eT-Kernel Platform評価キット」

eT-Kernelプラットフォーム評価キットは、マルチコアプロセッサ対応リアルタイムOS「eT-Kernel Multi-Core Edition」をベースに、開発環境「eBinder」、ミドルウェア、サンプルドライバ等を統合したパッケージです。30日間無償で利用でき、ユーザーはZynq-7000 AP SoCやeT-Kernelの性能と品質の評価を手軽かつ迅速に行えます。
デモでは、Zynq-7000 AP SoCのFPGAに組み込まれたSobel Filterを使用してフィルタ処理を行った画像を、HDMI経由で出力させます。
eT-Kernelプラットフォームは間もなく機能安全に対応します