自動運転等の組込みシステムの知能化を支えるスケーラビリティ

eSOL Technology Forum 2016

おかげさまで満席となりました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

プログラム詳細はこちら

これまでインターネットのクラウド側が担っていた「知能」ですが、半導体技術の進歩に伴ってエッジ側の知能化が進み、IoTのアーキテクチャが変化してきています。自動運転車や産業用、家庭用ロボットなどは、クラウド側と連携しながら、各種センサデータの取得・分析、それに基づく自システムの制御などを、エッジ側で実施している例です。このような最新のシステムでも、変わらず組込みシステムの備えるべき基本品質としてのリアルタイム性と信頼性、安全性が求められることに加え、マイコンから最先端のマルチ・メニーコアまで、幅広いハードウェア技術の適材適所の活用が必要になってきています。

本セミナーは、こうしたIoT時代に向けた、スケーラブルリアルタイムOSを中心とするイーソルのソフトウェアプラットフォームの最新技術や将来のロードマップをご紹介します。

さらに、基調/特別講演として、知能化するシステムを代表する自動運転技術をテーマに、学術界より東京大学の加藤 真平 准教授、産業界より株式会社デンソー ADAS推進部長 松ヶ谷 和沖 様にご登壇頂きます。

イーソルは昨年、おかげさまで創業40周年を迎えました。この間積み上げてきた、「もの」に組み込まれるソフトウェアプラットフォームの技術と知見を軸にしながら、ダイナミックに進化する節目に来ています。昨年2015年には開発プロセスや品質管理、人材育成を支援する子会社イーソルトリニティ株式会社を設立し、今年2016年には、株式会社デンソー、日本電気通信システム株式会社との合弁で車載プラットフォームの開発を行う株式会社オーバスを設立しました。

進化するイーソルの姿と今後の展望をぜひご覧ください。
次世代の組込みソフトウェア開発に従事される皆様のご来場をお待ちしております。

概要

日程 2016年9月27日(火)
セミナー:13:30~17:20(13:00受付開始)
懇親会:17:40~19:30
会場 東京コンファレンスセンター・品川 大ホールA
JR品川駅港南口(東口)より徒歩2分
参加料 無料(事前登録制)
対象者 ・組込みソフトウェア開発に携わる方
・高信頼性、高品質、高機能が求められる組込みシステム向けの最新のソフトウェアプラットフォームの動向に興味がある方
内容
13:00 開場、受付開始
13:30~13:35
オープニングスピーチ
長谷川 勝敏
イーソル 代表取締役社長
13:35~13:45
ソフトウェア事業戦略の概要
上山 伸幸
イーソル 常務取締役
詳細を見る
13:45~14:45
基調講演:完全自動運転に向けたコンピューティングとシステム安全
加藤 真平 様
東京大学大学院 情報理工学系研究科 准教授
詳細を見る
14:45~15:25
スケーラブルなソフトウェア開発手法
権藤 正樹
イーソル 執行役員 ソフトウェア技術統括責任者 兼 技術本部長
詳細を見る
15:25~15:45
休憩
デモ展示をご覧ください。
15:45~16:00
スケーラブルRTOS「eMCOS」を中心としたソフトウェアプラットフォームのご紹介
金子 智範
イーソル エンベデッドプロダクツ事業部 営業部 営業技術課 課長
詳細を見る
16:00~16:20
IoT時代の組込みソフトウェア開発プロセス
権藤 正樹
イーソル 執行役員 ソフトウェア技術統括責任者 兼 技術本部長
詳細を見る
16:20~17:20
特別講演:安心・安全なクルマを支えるセンシング技術
松ヶ谷 和沖 様
株式会社デンソー ADAS推進部長 博士(工学)
詳細を見る
   
17:40~19:30 懇親会
デモをご覧になりながら、イーソル社員やご来場の皆様との懇親をお楽しみください。

※都合によりプログラム内容が変更される場合があります。

※定員になり次第、締め切らせていただきますので、予めご了承ください。
※お客様を優先させていただくため、同業者や個人の方、フリー個人とお見受けされる方などは、受講をご遠慮いただく場合があります。
※ご提供頂くお客様の個人情報は、本セミナーに関するご連絡、本セミナー開催にあたって付随する業務の実施のために利用するとともに、当社および当社パートナー企業より実施される、製品・サービスのお知らせ・PR、各種イベント・セミナー・キャンペーンのご案内に使用する場合があります。また、当社は、外部の業者に業務の一部を委託する際に、業務委託先に対して、必要な範囲で個人情報を提供することがあります。

ソフトウェア事業戦略の概要

昨年設立したイーソルトリニティ(株)、今年3社(デンソー、NEC通信システム、イーソル)で設立した(株)オーバスの位置づけと、今後のソフトウェア事業の戦略について説明する。複雑化する組込み市場の要望に対し、従来のビジネスの発展と新たなチャレンジで応えていく。

講演者

上山 伸幸
イーソル 常務取締役

基調講演:完全自動運転に向けたコンピューティングとシステム安全

アクセル・ブレーキやハンドル操作のいらない完全自動運転には、高性能かつ省電力のコンピューティング技術が不可欠となる。また、認知・判断・操作にかかる処理の高度化だけではなく、異常状態になることを検出できるようなシステム安全技術も不可欠となる。本講演では、完全自動運転の実現に向けて、これらの課題解決のためのアプローチとプラットフォーム技術について紹介する。

講演者

加藤 真平 様
東京大学大学院情報理工学系研究科 准教授
名古屋大学未来社会創造機構 客員准教授
株式会社ティアフォー 取締役兼CTO

2004年、慶應義塾大学理工学部情報工学科卒業。2008年、慶應義塾大学大学院理工学研究科開放環境科学専攻博士課程修了。博士(工学)。同年から慶應義塾大学特別研究員としてリアルタイムシステムの研究に従事。2009年から2011年まで東京大学特別研究員としてオペレーティングシステムの研究に従事。その間、米国カーネギーメロン大学に留学し、客員研究員として並列分散システムの研究に従事。2011年から2012年までカリフォルニア大学博士研究員として並列分散システムおよびオペレーティングシステムの研究に従事。現在、名古屋大学大学院情報科学研究科の准教授として様々なシステムソフトウェアの研究に従事。

スケーラブルなソフトウェア開発手法

IoTで機器のインテリジェント化は更に進み、ソフトウェアを高速に実行できるヘテロジニアスなハードウェア向けのプラットフォームが重要になっている。一方、車載システムを筆頭に、組込みシステムは低コストなオンチップフラッシュマイコンからハイエンドのメニーコアやGPU、マルチチップまで、高いスケーラビリティが求められる。この様な技術トレンドにおいて、いかに知見やソフトウェア、そして品質の再利用性を確保しつつ、システム開発を実現していくかが大きな課題となっている。本講演では、これらシステム要求とその課題を解決するためのソフトウェア開発手法について、様々なコンピューティング技術の特性、アーキテクチャ、そしてOSとツールの観点から概説する。

講演者

権藤 正樹
イーソル株式会社 執行役員 ソフトウェア技術統括責任者 兼 技術本部長
Multi-Core Association SHIM Working Group Chair
組込みマルチコアコンソーシアム副会長

1996年イーソル(株)入社。以来組込み OS 及びツール関連の開発に従事。PrKERNEL、eBinder、eT-Kernel、eT-Kernel Multi-Code Edition、eT-Kernel Adaptor for Androidなどの開発に取組む。近年はメニーコアOSであるeMCOS、開発支援ツールeWeaverのR&D、マルチコア向けアーキテクチャ記述規格SHIMのWG活動、社内の技術インフラ、プロダクトマネージメントなどに関わっている。国内外のカンファレンスなどでの講演を行っている。米国Multicore Association SHIM Working Group Chair、JEITA マイクロプロセッサ専門委員、T-EngineフォーラムT-Kernel2.0WG幹事、NEDO技術委員、早稲田大学アドバンスドマルチコアプロセッサ研究所招聘研究員、COOLChips TPC等。 著書(共著)にはISBN:4320120256、ISBN:4885547547などの組込みソフト関連の書籍がある。

スケーラブルRTOS「eMCOS」を中心としたソフトウェアプラットフォームのご紹介

IoT時代に求められる”モノのインターネット”化に必要なシステム要件を解決する一つのソリューションがスケーラブルRTOS「eMCOS」である。本セッションでは、IoT化される自動車およびFA/産業機器などの分野にて用いられるオンチップマイコンからハイエンドプロセッサまの広範囲のアーキテクチャにスケーラブルに適応可能な、eMCOSおよび開発ツールを中心とするソフトウェアプラットフォームについて、具体的な適用事例などを踏まえて紹介をする。

講演者

金子 智範
イーソル株式会社 エンベデッドプロダクツ事業部 営業部 営業技術課 課長

IoT時代の組込みソフトウェア開発プロセス

組込みシステムのソフトウェアは規模、複雑度ともに増加を続けている。更に、安心・安全の要求の高まりと共に機能安全規格の遵守が不可欠となっている。更に、リリース頻度は短くなることはあっても長くなることはない。これらのソフトウェアをどのように機器で実現していくかというコンピューティングプラットフォーム課題に加え、どのようにこの様なソフトウェアを開発していくのかという開発プロセス面での革新が求められている。本講演では、弊社の製品開発並びにエンジニアリングサービスにて取り組んでいるアジャイルの代表的手法であるスクラムの実際について、機能安全の適用も交えて概略を紹介する。

講演者

権藤 正樹
イーソル株式会社 執行役員 ソフトウェア技術統括責任者 兼 技術本部長
Multi-Core Association SHIM Working Group Chair
組込みマルチコアコンソーシアム副会長

1996年イーソル(株)入社。以来組込み OS 及びツール関連の開発に従事。PrKERNEL、eBinder、eT-Kernel、eT-Kernel Multi-Code Edition、eT-Kernel Adaptor for Androidなどの開発に取組む。近年はメニーコアOSであるeMCOS、開発支援ツールeWeaverのR&D、マルチコア向けアーキテクチャ記述規格SHIMのWG活動、社内の技術インフラ、プロダクトマネージメントなどに関わっている。国内外のカンファレンスなどでの講演を行っている。米国Multicore Association SHIM Working Group Chair、JEITA マイクロプロセッサ専門委員、T-EngineフォーラムT-Kernel2.0WG幹事、NEDO技術委員、早稲田大学アドバンスドマルチコアプロセッサ研究所招聘研究員、COOLChips TPC等。 著書(共著)にはISBN:4320120256、ISBN:4885547547などの組込みソフト関連の書籍がある。

特別講演:安心・安全なクルマを支えるセンシング技術

自動車の新分野として、自動ブレーキをはじめとする衝突回避・軽減のシステムに続き、自動運転の実現も近づきつつある。本講演ではこれらを実現する上で不可欠なセンシング技術に焦点をあてて説明する。主に車両周辺の検出手法を中心に要素技術を俯瞰するとともに、カメラやレーダ、LIDAR(レーザレーダ)等の特徴と課題を紹介する。加えて当該分野の弊社の取り組みについても紹介する。

講演者

松ヶ谷 和沖 様
株式会社デンソー ADAS推進部長 博士(工学)

1989年 日本電装株式会社(現:株式会社デンソー)入社。半導体結晶成長、高周波トランジスタ、マイクロ波/ミリ波IC、ミリ波レーダ、車車間/路車間通信システムの研究開発に従事。2010年 研究開発3部長。周辺環境センサ、無線通信の研究開発を担当。2015年 研究開発1部長。2016年 ADAS推進部部長。現在は安全運転支援・自動運転に関わる次世代製品の事業企画と技術開発とを担当。博士(工学)。

お申し込みを締め切りました