セミナー

【見逃し配信】車両サイバーセキュリティ規格:ISO/SAE 21434正式発行! NDIAS社が提供するCyber Security教育をご紹介



11月25日(木)にライブ配信したウェビナー「車両サイバーセキュリティ規格:ISO/SAE 21434正式発行! NDIAS社が提供するCyber Security教育をご紹介」の動画を12月17日(金)までオンデマンド公開します。見逃してしまった方や、もう一度ご覧になりたい方はぜひこの機会にお申込みください。

車両サイバー攻撃への脅威が増加している中、国連の自動車基準調和世界フォーラム(WP29)にて、Cyber Security関連法規が策定され、国連規則として、UN-R155/UN-R156が発行されると同時に国内でも施行開始となりました。UN-R155/UN-R156の要求を満足するためには各種標準やベストプラクティスを活用した適切な処置が必要であり、主にUN-R155対応で活用される標準の一例として、2021年8月に発行された「ISO/SAE 21434」が挙げられます。

イーソルトリニティではCyber Security脅威分析ツール「Ansys medini analyze」の販売も含めてパートナー企業様と連携して規格準拠のサポートサービスを実施しております。

ウェビナーでは自動車セキュリティに関するサービスをご提供されている株式会社NDIAS様をゲストに迎えて、下記についてご紹介します。
・Cyber Security対応の現状
・自動車セキュリティ研修 ISO/SAE 21434(入門編)のご紹介
・Cyber Security対応サポートサービスのご案内

業界に関わらずCyber Security対応が必要となっているお客様が増えている状況で「今後どのように体制やプロセス規定を構築してサイバーセキュリティに対応していくのか?」を不安に思われている方は必見です。

*UN-R155:車両のサイバーセキュリティおよびサイバーセキュリティ管理システム(CSMS)
*UN-R156:車両のソフトウェアアップデートとソフトウェアアップデート管理システム(SUMS)

ご視聴にはWeb登録(無料)が必要になります。ご興味のある方は、ぜひお申し込みください。

開催概要

公開期間 12月17日(金) 17:00 まで
参加 無料(事前登録制)
対象者 ・Cyber Security対応に課題をお持ちの方
・Cyber Security教育の実施を検討している方

※お客様を優先させていただくため、同業者や個人の方などは、当社の判断で、受講をご遠慮いただく場合があります。
※ご提供頂くお客様の個人情報は、本ウェビナーに関するご連絡、本ウェビナー開催にあたって付随する業務の実施のために利用するとともに、当社グループおよび当社パートナー企業より実施される、製品・サービスのお知らせ・PR、各種イベント・セミナー・キャンペーンのご案内に使用する場合があります。また、当社は、外部の業者に業務の一部を委託する際に、業務委託先に対して、必要な範囲で個人情報を提供することがあります。