セミナー

【Web】Rapita Verification Suiteを利用したソフトウェアの最悪実行時間の見える化【終了】



ソフトウェア性能解析をテーマとしたウェビナーを、オンデマンドにて限定公開します。

ソフトウェアの大規模化や高性能なプラットフォームが必要となってきている組込み開発では、ソフトウェアの性能に起因する不具合が増えてきています。そのため、複雑化するプラットフォームでのソフトウェア性能測定を容易に実現し、より高品質なソフトウェア開発や検証方法の確立が必要です。

本ウェビナーでは、ソフトウェア検証ツール「RVS(Rapita Verification Suite)」を利用したソフトウェア性能測定と改善ポイントを把握するための手法をご紹介します。ソフトウェア性能解析で重要な最悪実行時間の測定方法や算出方法について具体例を交えてわかりやすく解説します。

新たにリリースしたマイコンのトレース情報を利用した「RVS ZERO」のデモも実演します。ソースコードを変更することなくタイミング動作を計測可能であり、量産ソフトウェアの問題点などを迅速に解決できます。

ご視聴にはWeb登録(無料)が必要になります。ご興味のある方は、ぜひお申し込みください。

開催概要

公開期間 8月20日(木)10:00 ~ 9月18日(金)17:00
参加料 無料
視聴所要時間 約45分
対象者 組込みソフトウェア開発の業務に携わる方

※お客様を優先させていただくため、同業者や個人の方などは、当社の判断で、受講をご遠慮いただく場合があります。
※ご提供頂くお客様の個人情報は、本ウェビナーに関するご連絡、本ウェビナー開催にあたって付随する業務の実施のために利用するとともに、当社グループおよび当社パートナー企業より実施される、製品・サービスのお知らせ・PR、各種イベント・セミナー・キャンペーンのご案内に使用する場合があります。また、当社は、外部の業者に業務の一部を委託する際に、業務委託先に対して、必要な範囲で個人情報を提供することがあります。

終了しました