セミナー

【Web】機能安全分析(FuSa)/脅威分析(CS)を「Ansys medini analyze」で効率的に行う手法



機能安全分析と脅威分析をテーマとしたウェビナーを、オンデマンドにて限定公開します。

2011年にISO 26262の初版が発行されて以来、機能安全分析の対応は徐々に浸透しつつあります。
しかし、”有識者が限られている”などの理由で教育が不足し、管理手法が定着していない、といった課題を持つ開発現場も少なくありません。

また脅威分析については、2020年1月に車両サイバーセキュリティに関する国際標準規格として「ISO/SAE DIS 21434」が発行されました。車両のライフサイクル全体を通じてサイバーセキュリティ活動に関するプロセスを定義することを目的としており、対応へのニーズが高まっています。

機能安全/Cyber Security対応脅威分析ツール「Ansys medini analyze」は、最新の規格をサポートしており、機能安全分析を一括で行うことができます。また、アドオンにより、Cyber Security分析機能を使用してISO/SAE 21434対応に必要となる脅威分析などの作業を効率的に実施できます。

本ウェビナーでは、「Ansys medini analyze」を利用し、ソフトウェア開発において効率的に機能安全分析および脅威分析を行う方法を解説します。

ご視聴にはWeb登録(無料)が必要になります。ご興味のある方は、ぜひお申し込みください。

開催概要

公開期間 7月30日(木)10:00 ~ 8月14日(金)17:00
参加料 無料
視聴所要時間 約30分
対象者 機能安全分析、脅威分析が必要なソフトウェア開発に従事されている方

※お客様を優先させていただくため、同業者や個人の方などは、当社の判断で、受講をご遠慮いただく場合があります。
※ご提供頂くお客様の個人情報は、本ウェビナーに関するご連絡、本ウェビナー開催にあたって付随する業務の実施のために利用するとともに、当社グループおよび当社パートナー企業より実施される、製品・サービスのお知らせ・PR、各種イベント・セミナー・キャンペーンのご案内に使用する場合があります。また、当社は、外部の業者に業務の一部を委託する際に、業務委託先に対して、必要な範囲で個人情報を提供することがあります。