セミナー

eSOL Technology Forum 2019 お申し込みサイト

エッジコンピューティングが創り出すIoTの新たな世界

プログラム詳細はこちら

イーソルは今年も「eSOL Technology Forum」を開催します。 

近年IoT において、またインダストリー4.0 を具現化していくにあたって注目されている「エッジコンピューティング」は、スマートデバイスのような情報端末を利用したシステムに加えて、MaaS/CaaSを実現するコネクテッドカーや自動運転車、さらにはスマートファクトリーを実現する産業用ロボットおよび自律制御機器にとっても、必要不可欠な技術要素であり非常に重要な考え方です。

特にリアルタイム性を必要とする分野においては、大量のデータをエッジ側で高速かつ効率的に、低消費電力で実現する技術が非常に重要になります。

この分野は、今後の日本の産業界において重要な分野のひとつであると位置付けられており、経済産業省では省エネルギーで高度かつ安全なエッジコンピューティングを実現するために必要な技術の開発を進め、AIチップによる革新的なエッジコンピューティング技術の開発を支援する事業も立ち上げています。

イーソルは、40年以上に及ぶ組込みシステム開発の知見やノウハウに加え、マルチ・メニーコアを最大限に活用した高速かつ高効率なシステムを構築可能とする先進的プラットフォームの研究開発を進めており、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の事業「高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングの技術開発」にも採択されています。

本フォーラムのメインテーマである『エッジコンピューティングが創り出すIoTの新たな世界』では、エッジコンピューティングの重要性や動向に加え、日本における戦略ならびに各種取り組み自動車分野産業分野を例にとりながら最新情報をお届けします。 


また当日はeSOL Technology Forum 2019の併設展示会として「eSOL EXPO」も開催いたします。

”車載ゾーン””車載/産業ゾーン””産業ゾーン””ツールゾーン”の各ゾーンで、AUTOSARやROS/ROS 2、OPC UA、ディープラーニング、マルチ・メニーコア、ソフトウェア検証、機能安全などの技術と半導体ベンダ各社製チップと組み合わせて実現するソリューションを展示します。

さらに、17:50~のeSOL EXPOグランドオープンでは、ソリューション展示に加えて“特別なおもてなし”をご用意しています。eSOL Marketing Blog“特別なおもてなし”のヒントを見つけられますので、ブログもあわせてご購読ください。

併設展示会 eSOL EXPO概要はこちら


皆様のご参加を心よりお待ちしております。
※eSOL Technology Forum 2019にお申し込みいただくと、併設のeSOL EXPOもご覧いただけます。eSOL EXPOのみのご参加は受け付けておりませんのでご了承ください。


概要

日程 2019年9月27日(金) [受付開始 12:00]
セミナー:13:00~17:35 / eSOL EXPOプレオープン:12:00~17:35
ネットワーキング&eSOL EXPOグランドオープン:17:50~19:00
会場 東京コンファレンスセンター・品川 大ホールA・B
JR品川駅港南口(東口)より徒歩2分
参加料 無料(事前登録制)
対象者 組込みソフトウェア開発に従事する方およびその関連ビジネスに従事する方
内容
  セッション
@ 大ホールA・B
 
 eSOL EXPO
@ ホワイエ

12:00 開場、受付開始12:00~17:35

ソリューション展示
プレオープン
13:00~13:05
オープニング
13:05~14:05
【基調講演】DXレポート作成の背景と政策展開
-エッジコンピューティングの技術動向を踏まえて-

経済産業省 商務情報政策局 情報産業課 ソフトウェア産業戦略企画官
和泉 憲明 様
詳細を見る

14:05~14:25
休憩    <ホワイエにてeSOL EXPOをご覧ください。>
14:25~15:15
【イーソル技術講演①】エッジコンピューティングの挑戦
イーソル株式会社 取締役CTO 兼 技術本部長
権藤 正樹
詳細を見る

15:15~15:45
【イーソル技術講演②】ROSの最新動向と技術課題へのアプローチ
イーソル株式会社 ソリューションエンジニアリング事業部 産業技術統括部 統括部長
佃 明彦
詳細を見る

15:45~16:10
休憩    <ホワイエにてeSOL EXPOをご覧ください。>
16:10~16:50
【特別ゲスト講演①】デンソーが目指すモビリティ社会とそれを実現する取り組み
株式会社デンソー 経営役員
加藤 良文 様
詳細を見る

16:50~17:30
【特別ゲスト講演②】エッジを基軸にコンピュータ・アーキテクチャを再構築!
九州大学大学院 システム情報科学研究院 情報知能工学部門 教授
井上 弘士 様
詳細を見る

17:30~17:35
クロージング
    
ネットワーキング(無料) @ ホワイエ
17:35~ ウェルカムドリンクサービス
17:50~19:00 ネットワーキング & eSOL EXPOグランドオープン

※都合によりプログラム内容が変更される場合があります。

※定員になり次第、締め切らせていただきますので、予めご了承ください。

※お客様を優先させていただくため、同業者や個人の方、フリーメールアドレスを利用した個人とお見受けされる方などは、受講をご遠慮いただく場合があります。

※ご提供頂くお客様の個人情報は、弊社、弊社の連結子会社およびパートナー企業が実施する、製品/サービスのお知らせ・PR、各種イベント/セミナー/キャンペーンのご案内に使用する場合があります。また、ご提供いただいた個人情報を弊社の連結子会社およびパートナー企業に提供することがあります。弊社が外部の業者に業務の一部を委託する際に、業務委託先に対して、必要な範囲で個人情報を提供することがあります。

◇ イーソルプライバシーポリシー

【基調講演】DXレポート作成の背景と政策展開 -エッジコンピューティングの技術動向を踏まえて-

経済産業省では、我が国企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現していく上でのITシステムに関する現状の課題の整理とその対応策の検討を行い、『DXレポート~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開~』として報告書を取りまとめた。本講演では、政策担当者の視点から、エッジコンピューティングにおける技術動向を踏まえ、同レポートを取りまとめるにあたっての問題認識や課題解決・競争力強化のための方向性について紹介する。

【講演者プロフィール】

和泉 憲明 様
経済産業省 商務情報政策局 情報産業課 ソフトウェア産業戦略企画官

静岡大学情報学部 助手、産業技術総合研究所(産総研)サイバーアシスト研究センター研究員、産総研情報技術研究部門・上級主任研究員などを経て2017年8月より現職。博士(工学)(慶應義塾大学)。その他、これまで、東京大学大学院・非常勤講師、北陸先端科学技術大学院大学・非常勤講師、大阪府立大学・文書解析・知識科学研究所・研究員、先端IT活用推進コンソーシアム(AITC)顧問などを兼務。

【イーソル技術講演①】エッジコンピューティングの挑戦

自動運転を始めとするインテリジェント化する機器では、膨大なコンピューティングリソースを持つクラウドで計算を行うのではなく、クラウドから見て端に在る機器側(エッジ)で処理を行うエッジコンピューティングが注目されている。本講演では、クラウドを含む全体システム構成に始まり、エッジコンピューティングの特徴と課題について議論する。その機器メーカにとって重要性を踏まえ、その実現を支援するプラットフォームの最新技術と応用について紹介する。

【講演者プロフィール】

権藤 正樹
イーソル株式会社 取締役CTO 兼 技術本部長

1996年イーソル(株)入社。以来組込み OS 及びツール関連の開発に従事。PrKERNEL、eBinder、eT-Kernel、eT-Kernel Multi-Code Editionなどに取組む。近年はシングルコアからメニーコアまで対応したOSであるeMCOS、ドメイン知見と機械学習を組合せたドライバモデル eBRAD、開発支援ツールeWeaverのR&D、AUTOSAR Adaptive Platform仕様策定アーキテクト、マルチコア向けアーキテクチャ記述仕様SHIM のIEEE WG Chair、社内の技術インフラ、プロダクトマネージメントなどに関わっている。IEEE及び米国Multicore Association SHIM Working Group Chair、組込みマルチコアコンソーシアム副会長、IEC TC91/WG13メンバ、NEDO技術委員、早稲田大学アドバンスドマルチコアプロセッサ研究所招聘研究員、COOLChips TPC等。

【イーソル技術講演②】ROSの最新動向と技術課題へのアプローチ

IoTやConnected Industriesのコンセプトにおいて、エッジ側で物理世界とのインタラクションを担うロボットの役割が重要視されている。ロボットの機能や運用環境が多様化する中で、効率性と信頼性の両立や、組込み環境へのスムーズな移行が近年の技術課題になっている。
本講演ではロボットの開発で広く用いられているROS(Robot Operating System)を中心に国内外の動向を解説し、そのような技術課題を解決するためのアプローチを紹介する。

【講演者プロフィール】

佃 明彦
イーソル株式会社 ソリューションエンジニアリング事業部 産業技術統括部 統括部長

2000年にイーソル株式会社に入社。ソリューションエンジニアリング事業部で組込みソフトウェア開発(主に自社製RTOS、ミドルウェア関連)を担当。2011年より関西方面におけるエンジニアリングサービスのマネジメントに従事し、イーソルのコア技術領域としてROSのエンジニアリングサービスを立ち上げた。2017年よりNEDOのロボット活用型市場化適用技術開発プロジェクトに参画し、組込み向けROSミドルウェアの研究開発を主導している。

【特別ゲスト講演①】デンソーが目指すモビリティ社会とそれを実現する取り組み

100年に一度の大変革期にいると言われる自動車産業において、デンソーは従来のビジネスモデルに安住する事なく、新しい価値の創造を目指している. クルマ・ヒト・モノがつながる新たなモビリティ社会の実現に向け、その注力分野の一つとして新たに取り組むMaaS(Mobility as a Service)に向けた活動をご紹介する。

【講演者プロフィール】

加藤 良文 様
株式会社デンソー 経営役員

1985年日本電装株式会社(現、株式会社デンソー)に入社。自動車の制御系研究開発に従事。 2010年常務役員就任。ボデー機器事業部、走行安全事業部、技術開発センター担当、ADAS推進部副担当を歴任し、2016年06月に技術開発センター センター長に就任。2017年専務役員就任。2019年経営役員就任。現在に至る。

【特別ゲスト講演②】エッジを基軸にコンピュータ・アーキテクチャを再構築!

計算機システムを構成する上で「コンピュータ・アーキテクチャ」は欠くことのできない重要な役割を担う技術レイヤーである。これまでに様々なアーキテクチャ技術が考案されたが、その多くがデスクトップ/ラップトップPCやサーバ、さらには、データセンターといった汎用性重視型のものである。これに対し、今や、よりユーザや現場に近い場所での情報処理を可能とするエッジコンピューティングが台頭する時代へと移行しつつある。これにともない、コンピュータ・アーキテクチャもエッジを基軸とした再構築が必要となる。そこで本講演では、コンピュータ・アーキテクチャの観点からエッジ・コンピューティングの特徴や求められる要件を整理し、その上で、エッジを基軸としたコンピュータ・アーキテクチャの将来像を探る。そして、新しいエッジコンピューティング技術の創出に向けとるべき方向性を議論する。

【講演者プロフィール】

井上 弘士 様
九州大学大学院 システム情報科学研究院 情報知能工学部門 教授

1996年に九州工業大学博士課程(前期)、2001年に九州大学博士課程(後期)を修了。博士(工学)。2001年より福岡大学工学部電子情報工学科助手。2004年より九州大学大学院システム情報科学研究院助教授、2015 年より同大教授、現在に至る。コンピュータ・アーキテクチャに関する研究に従事。2000年情報処理学会創立40周年記念論文賞、2008年科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞。2018年よりJSTさきがけ「革新的コンピューティング技術の開拓」領域総括。