高度自動運転をはじめとするインテリジェント機器開発の潮流

eSOL Technology Forum 2017



プログラム詳細・お申込みはこちら

昨年に続き、イーソルは「eSOL Technology Forum 2017」を開催します。

IoT、AI等の急速な技術進化にともない、システムがすべての運転タスクを実施する「高度自動運転システム(HAD: Highly Automated Driving)」の実現に向けた研究開発が世界的に加速しています。これまでにない社会インパクトが見込まれている自動運転技術は、IoT時代のテクノロジードライバとして、自動車以外の分野への展開と波及が考えられます。

本セミナーでは、この高度自動運転システムなどをはじめとする高度に知能化された車載電子システムをターゲットに仕様策定されたAUTOSAR Adaptive Platformについて、AUTOSAR Premium Partnerとして仕様策定に携わるイーソルが、その専門領域であるOSアーキテクチャを中心に解説します。また、進化するイーソルのソフトウェアプラットフォームの最新技術とソリューションを、デモを交えてご紹介します。

さらにゲスト講演として、自動運転技術の発展をリードする、産業界および学術界の代表の方にご登壇頂きます。

自動車分野に加え、IoT、AI等の最先端技術を利用したインテリジェント機器のソフトウェア開発動向を予見できる内容です。 IoT時代の発展を支える皆様のご来場をお待ちしております。

概要

日程 2017年10月3日(火)
セミナー:13:30~17:25(13:00受付開始予定)
懇親会:17:40~19:10
会場 東京コンファレンスセンター・品川
JR品川駅港南口(東口)より徒歩2分
参加料 無料(事前登録制)
対象者 ・インテリジェント機器開発に携わる方
・高信頼性、高品質、高機能が求められる組込みシステム向けの最新のソフトウェアプラットフォームの動向に興味がある方
内容
13:00 開場、受付開始
13:30~13:35
オープニングスピーチ
長谷川 勝敏
イーソル  代表取締役社長
13:35~14:35
【基調講演】車載ソフトウェア開発の変革に向けて
株式会社デンソー エグゼクティブフェロー 村山 浩之 様
詳細を見る
14:35~15:15
AUTOSAR Adaptive Platformの概要
権藤 正樹
イーソル株式会社
取締役CTO 兼 技術本部長
詳細を見る
15:15~15:35
休憩
デモ展示をご覧ください。
15:35~15:45
組込みビジネスのビジョンとロードマップ
上山 伸幸
イーソル株式会社 常務取締役
イーソルトリニティ株式会社 代表取締役社長
15:45~16:25
IoT時代のスケーラブルプラットフォームとツールチェーン
モデレータ:上山 伸幸
イーソル株式会社 常務取締役
イーソルトリニティ株式会社 代表取締役社長
ほか
詳細を見る
16:25~17:25
【特別講演】完全自動運転に向けた組込みプラットフォーム技術
加藤 真平 様
ティアフォー 取締役 兼 最高技術責任者(CTO)
東京大学大学院 情報理工学系研究科 准教授
名古屋大学 未来社会創造機構 客員准教授
詳細を見る
   
17:40~19:10 懇親会
デモをご覧になりながら、イーソル社員やご来場の皆様との懇親をお楽しみください。

※都合によりプログラム内容が変更される場合があります。

※定員になり次第、締め切らせていただきますので、予めご了承ください。
※お客様を優先させていただくため、同業者や個人の方、フリーメールアドレスを利用した個人とお見受けされる方などは、受講をご遠慮いただく場合があります。
※ご提供頂くお客様の個人情報は、本セミナーに関するご連絡、本セミナー開催にあたって付随する業務の実施のために利用するとともに、当社および当社パートナー企業より実施される、製品・サービスのお知らせ・PR、各種イベント・セミナー・キャンペーンのご案内に使用する場合があります。また、当社は、外部の業者に業務の一部を委託する際に、業務委託先に対して、必要な範囲で個人情報を提供することがあります。

【基調講演】車載ソフトウェア開発の変革に向けて

100年に一度と言われる不連続の変化の時代を迎えている自動車業界。自動運転、コネクティッド、シェアエコノミー、いずれも主役はソフトウェアである。車載ソフトウェアも、すり合わせから組み合わせへ、クローズからオープンへ、パラダイムシフトが求められる。車載ソフトウェア開発の変革に向けて、デンソーが取り組んでいる技術・人材・マネジメントの事例について紹介する。

【講演者プロフィール】

村山 浩之 様
株式会社デンソー エグゼクティブフェロー

1980年 日本電装(株)(現(株)デンソー)に入社。幅広く電子システムの技術企画・研究開発・製品設計に従事した後、1996年 プロジェクトを立ち上げ、車載ソフトウェアの改革活動を開始。以後一貫して、車載の電子システムやソフトウェアを中心に、全社横断活動や自動車業界における標準化活動を推進。2001年 ソフトウェア基盤開発室室長、2008年 電子プラットフォーム開発部部長、2008年 常務役員、2012年 技監を経て、2017年 エグゼクティブフェローに就任、現在に至る。

AUTOSAR Adaptive Platformの概要

AUTOSARが自動運転をはじめとする高度に知能化する車の標準プラットフォーム仕様として、2017年3月に最初のリリースを行ったAUTOSAR Adaptive Platformの概要を説明する。2005年に最初のRelease 1.0が発表された従来のAUTOSAR Classic Platformでは、高度自動運転システム(HAD: Highly Automated Driving)に対応することが難しいとし、約3年程前から検討が行われてきた。イーソルは2016年3月よりAUTOSAR Premium Partnerとして、OSを中心とした全体アーキテクチャを含めた仕様策定に関わっている。本講演では、Adaptive Platformの仕様策定背景をはじめ、その特徴とアーキテクチャ、そして核となるOSへの要求について解説を行う。

【講演者プロフィール】

権藤 正樹
イーソル株式会社 取締役CTO 兼 技術本部長
Multi-Core Association SHIM Working Group Chair
組込みマルチコアコンソーシアム副会長

1996年イーソル(株)入社。以来組込み OS 及びツール関連の開発に従事。PrKERNEL、eBinder、eT-Kernel、eT-Kernel Multi-Code Editionなどに取組む。近年はシングルコアからメニーコアまで対応したOSであるeMCOS、開発支援ツールeWeaverのR&D、Adaptive AUTOSAR仕様策定活動、マルチコア向けアーキテクチャ記述規格SHIM のWG活動、社内の技術インフラ、プロダクトマネージメントなどに関わっている。国内外のカンファレンスなどでの講演を行っている。米国Multicore Association SHIM Working Group Chair、組込みマルチコアコンソーシアム副会長、TRON Forum T-Kernel 2.0WG幹事、NEDO技術委員、早稲田大学アドバンスドマルチコアプロセッサ研究所招聘研究員、COOLChips TPC等。著書(共著)にはISBN:4320120256、ISBN:4885547547などの組込みソフト関連の書籍がある。

IoT時代のスケーラブルプラットフォームとツールチェーン

イーソルグループは、新世代のスケーラブルリアルタイムOS「eMCOS」ベースのプラットフォームに加え、開発プロセスを支援するツールとプロフェッショナルサービスを組み合わせ、IoT時代の高品質なソフト開発を包括的に支援する。本講演では、「ソフト並列化を含むマルチ・メニーコア開発支援」「CI/テスト自動化支援」「機能安全に適合した開発プロセス管理支援・アジャイル開発支援」「AUTOSARソリューション」の4つを切り口としたイーソルのソリューションを、デモを交えて解説する。

【特別講演】完全自動運転に向けた組込みプラットフォーム技術

人間の操作を一切必要としない完全自動運転システムの実用化は規定路線である。特に市街地での完全自動運転の実現は大きな市場を切り開き、社会的価値も大きい。本講演では、市街地での完全自動運転用途に開発されたオープンソースソフトウェア「Autoware」の最新動向を紹介し、今後の実用化に向けて最も重要な課題である組込みプラットフォーム技術について述べる。

【講演者プロフィール】

加藤 真平 様
株式会社ティアフォー 取締役兼CTO
東京大学大学院情報理工学系研究科 准教授
名古屋大学未来社会創造機構 客員准教授

2008年に慶応義塾大学 大学院 理工学研究科 後期博士課程を修了。カーネギーメロン大学とカリフォルニア大学の研究員を経て、2012年4月から2016年3月まで名古屋大学 大学院 情報科学研究科 准教授。2016年4月から現職。2015年12月に大学発ベンチャーとして株式会社ティアフォーを創業。名古屋大学での自動運転技術に関する研究開発成果を利活用し、完全自動運転システムの認知・判断・操作に必要な機能モジュールや、その情報処理に必要なプラットフォームを提供する。