ニュースレター

【新製品】イーソルが、災害時等の電源供給を可能にするキューブ型ソーラー発電蓄電装置「ソーラーキュービクル(仮称)」を発売

イーソルでは、災害時など電気供給が難しい環境での電源供給を可能にするキューブ型ソーラー発電蓄電装置「ソーラーキュービクル(仮称)」(以下、ソーラーキュービクル)を発売しました。ソーラーキュービクルは、東京大学大学院  特任教授 兼 東京大学発ベンチャー企業 ドリームサイエンスホールディングス株式会社CEO 平藤 雅之 氏とイーソルが共同で開発しました。

本製品は置くだけでソーラー発電と蓄電を開始、電気機器への電源供給を可能にする発電一体型蓄電装置です。
形状はキューブ型で、内部に非常時用の備蓄品等が保管できる構造となっており、装置内にはAC(交流)コンセントを装備し、装置の設置や移設にかかる特殊な工事はいりません。
その他、発電容量や蓄電容量など運用や要望に合わせた対応が可能で、必要な電源の確保をサポートいたします。

大規模災害などでは電源復旧までに時間を要することがあります。その際、復旧までの間の電源確保は、通信やその他ライフラインを維持する上で重要な要素となります。被害を最低限にとどめ、復旧までの体制を維持することで、その後の事態への対応速度を上げる効果が見込まれています。

イーソルはキューブ型ソーラー発電蓄電装置「ソーラーキュービクル」を提供することにより、災害・緊急時の体制維持や復旧作業の一助になればと考えています。



* イーソルおよびイーソル株式会社は、イーソル株式会社の日本における登録商標です。またeSOLは、イーソル株式会社の日本および米国における登録商標です。
* その他、記載された社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。


プレスリリース・記事執筆・取材依頼等はこちらから

資料請求・お問い合わせ・お見積り