概要

無線デジタルピッキングシステムは、株式会社タカハタ電子が開発した無線表示器
「TK-735」を使った仕分け作業支援システムです。無線対応のため、表示器の設置および商品の配置換えに合わせた移動が容易です。「レイアウトフリー」の実現により、柔軟に仕分け作業の運用方法の構築や整備を行えます。


無線表示器「TK-735」

従来の仕分けリスト用紙を作業者が手に持って仕分けを行う作業方法では、リストとの照合による読み間違いや、商品知識がないことで商品を探す時間がかかるなど、様々な課題がありました。無線デジタルピッキングシステムは、商品が保管されている棚などに設置された表示器が仕分け商品や数量をボタン点灯により指示するため、リストが不要になりペーパーレス化を実現できます。また、作業者は点灯しているボタンの商品を指定数量ピッキングするだけなので、仕分け作業の大幅な業務効率化が見込めます。

イーソルは、物流現場の業務向けに、長年にわたり優れた耐環境ハンディターミナル耐環境アクセスポイントを開発・販売してまいりました。これらの耐環境向け製品は、様々な業務シーンで多数採用されています。イーソルの耐環境製品とタカハタ電子の無線デジタルピッキングシステムの組み合わせにより、仕分け業務に加えて、ハンディターミナルを使った入出荷検品や棚卸など、物流現場の一連の業務を効率化するシステムをご提案します。


特長

リスト不要、仕分け作業経験や商品知識がなくても使える優れた仕分け作業支援システム
  • 表示器のボタン点灯および数量表示に従って作業するため、仕分け作業リストの持ち歩きは不要
  • 作業者は表示器の点灯しているボタンに従い仕分けを行うため、必要な商品の位置をすぐに認識でき、仕分け作業の経験がない初心者や、商品知識がない方でも作業が可能
表示器の設置・移動が容易、さらに既存の台車のピッキングカート化を実現
  • 無線システムのため、商品の配置換えに合わせた表示器の移動が容易
  • 既存の台車に取り付けることでピッキングカートとして流用でき、コスト低減に貢献
複数の作業者による仕分けの同時進行を可能にし、仕分け業務を効率化
  • 5色のボタンで作業者の担当分けをすることにより、複数名での同時の仕分け作業を可能にし、大幅な業務効率化を実現
冷凍倉庫でも使える優れた耐環境性
  • 動作温度は-25℃~10℃をサポートしているため、F1級(※)の営業冷蔵倉庫での使用が可能
    ※倉庫業法で定められた保管温度帯で、-20℃以下-30℃未満を指す
  • 充電器は低温・結露状況下でも充電できる非接触方式を採用
表示器には高輝度LEDセグメントを採用、高い視認性を実現
  • 点灯中ボタンの色の識別が容易で、ピッキングミスの大幅低減に貢献


システムの機器構成例


※クリックすると拡大表示します。

無線デジタルピッキングシステムは、パソコン上に用意されたピッキング指示データを、タカハタ電子製アクセスコントローラ「TK-726FF」を通し、子機となる無線表示器「TK-735」 上で作業者および数量を指示する仕分け作業を支援するシステムです。表示器 TK-735は、アクセスコントローラ 1台に対し最大50台まで同時接続できます。

ピッキング作業イメージ

表示器 TK-735には5色のボタンがあります。作業者は、自身が担当する色が点灯している表示器 TK-735に表示されている数量を取り出し、担当色のボタンを押すことで、該当商品のピッキング完了となります。
担当色ボタンが点灯している商品全てにこの作業を行うことで、一連の仕分け作業をスムーズに行えます。


※詳細は弊社の営業担当(問い合わせフォーム/電話:03-5302-0670)へお問い合わせいただくか、タカハタ電子Webサイトよりご確認ください。