2017年10月24日

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)が主催する「平成29年度 放牧活用型畜産に関する情報交換会」にイーソル社員が登壇します。

本情報交換会では、AI(人工知能)やICT(情報通信技術)を活用した放牧畜産に向けて、現状と課題、および解決するための技術やソリューションに関して、産官学のそれぞれの立場から講演が行われます。

イーソルは「イーソルのAIへの取り組み」と題して、組込みシステム開発で構築してきた実績やノウハウ、パートナーシップをベースに、放牧活用型畜産へのディープラーニングの適用法について講演します。また独自開発したIoT自然環境モニタリングシステムも紹介します。
 

開催概要
平成29年度 放牧活用型畜産に関する情報交換会
日時2017年11月6日(月) 12:30~16:30
会場日比谷図書文化館コンベンションホール


イーソル講演概要
日時
2017年11月6日(月) 14:30~14:50
タイトル
イーソルのAIへの取り組み
講演者事業推進室 佐藤 幸晴