イベント

Arm DevSummit Japan [バーチャル・カンファレンス]


イーソルはArm DevSummit 2020 Japan(会期:2020年11月4日(水)~5日(木))にグローバルスポンサーとして参加します。

本イベントで、イーソルは「現在そして将来のArmコアのベストパフォーマンスを実現するイーソルテクノロジー」と題した技術講演を行い、次世代RTOSがマルチコア、メニーコア、およびマルチチップハードウェアにおけるパフォーマンスの課題をどのように解決するかを解説します。


イベント概要

日程
2020年11月4日(水)~5日(木)
参加登録
Arm DevSummit 2020参加登録はこちら  
※事前申込制、登録無料


イーソル 講演情報

日程
2020年11月4日(水) 13:55
※上記日時にイーソルセッションが公開されます。
視聴時間
約30分
講演
タイトル
現在そして将来のArmコアのベストパフォーマンスを実現するイーソルテクノロジー 
講演概要
半導体テクノロジー固有の制約により、マルチコアシステムだけが、組込みおよびエッジコンピューティングアプリケーションに必要な性能向上を実現する事ができます。
大半の開発者は、高いパフォーマンスが求められる組込みアプリケーションにロックベースのSMP型RTOSアーキテクチャを使用しています。しかし、このようなソフトウェア設計は、マルチコアシステムが持つパフォーマンスを大幅に制限してしまいます。
本セッションでは、イーソルの革新的なマルチカーネルアーキテクチャを搭載し、高いパフォーマンスとスケーラビリティによってマルチコアハードウェアのパフォーマンスを最大限に引き出すRTOS「eMCOS」を紹介します。eMCOSは、アプリケーションコードを最大限に再利用するためのマルチプロセスPOSIXおよびAUTOSAR標準をサポートし、機能安全規格ISO 26262 ASIL D(自動車)の認証実績を有します。
講演者
Rolland Dudemaine
eSOL Europe S.A.S. Vice President Engineering


Arm DevSummit 2020 Japanに加え、同日程にて開催されるAPAC各地域(中国、台湾、韓国)および、Arm DevSummit US/EMEA(2020年10月6日(火)~8日(木))にも、イーソルは参加します。

詳細情報や製品デモなどをご希望の方は、以下よりお問い合わせください。
お問い合わせはこちら