イーソルは「第5回 国際次世代農業EXPO」に出展します。

ブースでは、イーソルのIoT環境モニタリングシステム「eSOL AGRInk Server」を中心に、SNS型の営農支援クラウドサービス、各種センサ搭載通信ユニット、CO2温湿度トランスミッタ、ソーラーパネル、通信規格LoRaWANなどパートナー各社の製品・サービスを連携させたスマートアグリ向けエコシステムを、デモを交えてご紹介します。

幅広い選択肢を提供することで、ユーザのニーズに合わせたオーダーメイドIoTセンシングシステムの構築を支援します。

ご来場の際には、ぜひ弊社ブースまでお立ち寄りください。社員一同、心よりお待ち申し上げております。


第5回 国際次世代農業EXPO 概要

日程2018年10月10日(水)~12日(金) 10:00~18:00
※最終日12日(金)のみ17:00終了
会場幕張メッセ(千葉・幕張)
イーソルブースNo.37-16
参加料無料(事前登録者 もしくは 招待券持参者)



イーソル出展内容

イーソルは、下記の製品をデモを交えて展示します。

IoT環境モニタリングシステム「eSOL AGRInk Server」
温度や湿度、照度などのさまざまな環境データの測定装置と、クラウドサーバ上に蓄積された閲覧データを管理するソフトウェアを統合化したシステム。
 
SNS型 営農支援クラウドサービス「アグリーフ -agrLeaf-」 〔データプロセス社製〕
 
各種センサ搭載通信ユニット「SenSu」 〔データテクノロジー社製〕
 
CO2温湿度トランスミッタ「Talaire T8000-R Series 」 〔シリコンテクノロジー社取扱い製品〕
 
ソーラーパネル 〔シリコンテクノロジー社取扱い製品〕
 
特定小電力無線「LoRaWAN」 〔センスウェイ社協力〕
 
 ※展示内容は変更される場合があります。