Autowareとは

Autowareは、LinuxとROS(Robot Operating System)をベースとした自動運転システム用オープンソースソフトウェアです。名古屋大学と長崎大学、産総研による共同成果の一部として、自動運転の研究開発用途に無償で公開されています。レーザレーダ、カメラ、衛星測位システム(GNSS)などの環境センサを利用して、自車位置や周囲物体を認識しながら、カーナビから与えられたルート上を自律走行することを可能にします。

イーソルは自動運転技術の業界標準を目指す国際業界団体「The Autoware Foundation」にプレミアムメンバーとして技術的戦略の策定に参画し、Autowareの実用化に向けた活動を行っています。Autowareの立ち上げ時からプロジェクトに参画し、メニーコアとイーソルのスケーラブルリアルタイムOS「eMCOS」を用いた実車での実験・デモなどを共同で行ってきました。


スケーラブルリアルタイムOS「eMCOS」とは

eMCOSはマイコンからマルチ・メニーコアプロセッサ、マルチチップまでをスケーラブルにサポートした商用では世界初のリアルタイムOSです。従来のリアルタイムOSとはまったく異なるアーキテクチャ「分散型マイクロカーネルアーキテクチャ」と、独自のスケジューリング技術「セミプライオリティベーススケジューリング」(特許取得)を実装しています。これらの技術により、高いパフォーマンスとスケーラビリティに加えて、組込みシステムに不可欠なリアルタイム性の両立を実現しています。 関連資料はこちら


適用事例:自動運転プラットフォーム
eMCOSにROSを対応させた「ROS on eMCOS」を搭載し、その上にAutowareを組み合わせた自動運転プラットフォーム

Autowareは本来LinuxとROSをベースに開発された自動運転ソフトウェアですが、Linuxに変えてeMCOSを採用することで、一般実用化に耐えうる高度なリアルタイム性能と信頼性を実現します。




● 様々な情報を統合して外界の状況を認識し、適切な判断に基づき自律走行する自動運転システムを構築するプラットフォームです。

● 知能化に必要となる高度な情報処理能力を実現するため、メニーコアを始めとした各種プロセッサを組み合わせたスケーラブルな分散コンピューティング環境をベースにしています。

● 自動運転プラットフォームには、様々なコンピューティング資源をソフトウェア資産と組み合わせるためのスケーラビリティ、および高い信頼性と安全性を保証するリアルタイム性能の両方が要求されます。


デモ動画:自動運転走行

Kalray社のメニーコアプロセッサ「MPPA」の上で、AutowareとeMCOSを組み合わせて実現した実車の自動運転走行デモです。下記よりご視聴いただけます。

新規CTA

関連資料

新規CTA

新規CTA


新規CTA
製品に関するお問い合わせはZoom無料相談会で