概要

eBinderをJTAG ICEと連携させることで、下記のようなニーズを満たすことができます。

  • eBinderのデバッグ通信用に必要なデバッグポート (シリアル、イーサネットなど) がハードウェア上に確保できないが、eBinder のマルチプログラミング支援機能が使いたい
  • フラッシュメモリ上のプログラムのデバッグがしたい
  • システム全体をブレークさせたい、などJTAG ICE特有の機能を使いたい

通信機能/実行制御機能

eBinderはJTAG ICEと連携することで、以下の2つの機能を提供します。

通信機能

JTAGポートをデバッグポートにして、JTAG ICEを通信経路として利用することで、eBinderのマルチプログラミングツール、システム解析ツール、ソフトウェア部品パッケージ化ツールなど全てのeBinder の機能を利用できます。

実行制御機能

eBinderからJTAG ICE特有の機能を呼び出して利用することができます。

JTAG ICE特有の機能の主なもの
  • ハードウェアリセット
  • 強制ブレーク
  • ステップ実行
  • ハードウェアブレーク (命令実行ブレーク/メモリアクセスブレーク)
  • ソフトウェアブレーク (RAM/フラッシュメモリ上のプログラムコードをブレーク)
  • RAM/フラッシュメモリへのダウンロード・エディット

eBinderと連携させるJTAG ICEにより、実現できない機能もあります。

JTAG ICE連携オプション製品


eBinder for Arm

PARTNER-Jet2 オプション

京都マイクロコンピュータ製 PARTNER-Jet/Arm, PARTNER-Jet2/Arm との連携オプション製品です。

adviceLUNA Ⅱ オプション

横河デジタルコンピュータ製 adviceLUNA および adviceLUNAⅡ  との連携オプションです。


対応JTAG ICE

JTAG ICE名 メーカ 機能
PARTNER-Jet2
PARTNER-Jet
KMC 通信/実行制御連携
adviceLUNAⅡ
adviceLUNA
advicePRO
advicePOCKET
YDC 通信/実行制御連携
USB TAP freescale 実行制御連携

その他
  • SEGGER Microcontroller GmbH & Co. KG J-Link
  • ARM Ltd. DSTREAM
  • ARM Ltd. Keil ULINKpro 
JTAG ICEについては、お問い合わせください。