概要

eBinder はソフトウェア資産の再利用を促進する仕組みを持っています。この仕組みを利用することで、既存のソフトウェア資産を活かし、効率的な開発を実現します。

パーツパッケージによる開発支援


パーツパッケージとは

eBinderにおけるソフトウェア部品の管理単位を「パーツパッケージ」と呼んでいます。ここでいうソフトウェア部品は、市販のリアルタイムOSやミドルウェアのほか、ユーザが作成した独自のライブラリやデバイスドライバ、アプリケーションなども含みます。パーツパッケージには、ソースコード、コンフィギュレーション情報、ビルド情報、デバッグ関連情報などが含まれます。




パーツパッケージの利点

eBinderはパーツパッケージに含まれているさまざまな情報を利用して、それに最適化されたツールや機能のメニュー構成を自動的に作成します。各ソフトウェア部品の仕様や構造などに関する知識がなくても、eBinder上でより便利で直感的に各ソフトウェア部品を扱うことができるようになります。このため、他部署・他プロジェクトや、協力会社などに配布して利用してもらったり、将来のプロジェクトで再利用したりすることが容易にできます。

eBinderによる開発支援の例
  • 新規プロジェクト作成時に、システムに必要なパーツパッケージを選択するだけで、簡単にシステムの雛形を作成できます。
  • 各ソフトウェア部品のコンフィギュレーションやビルドの設定が、GUI画面を通して間違いなく行えます。
  • ソフトウェア部品単位のログ取得・解析や、内部情報をリアルタイムに参照できるシステム解析ツールを活用できます。


ソフトウェア部品パッケージ化ツール

PackageBuilder (パッケージビルダ)

eBinderに同梱されるターゲットプラットフォームの各種モジュールはパーツパッケージの形で提供されますが、PackageBuilderを使えば、ユーザが自分で作成したライブラリやデバイスドライバをはじめとするソフトウェア部品を、ユーザ自身でパーツパッケージ化できます。このほか、ユーザが独自ボード用にBSPを開発する際にも使用します。