概要

自動車の走行性能や安全性、快適性のさらなる向上や環境負荷の低減など厳しい要求の高まりを受けて、車載電子制御システムの高機能化と複雑化が進み、車両一台にネットワーク化された多数の車載電子制御ユニット(ECU)が搭載されています。これに伴い、ECU本来の制御機能と合わせて、車載診断機能の実装が不可欠になっています。

イーソルは、ECUを開発するサプライヤ向けに、信頼性の高い車載診断アプリケーションの短期間での開発を可能にする、車載診断プロトコルスタック「eSOL Dr.CAN for UDS」と、ECUリプログラミングモジュールサービス「eSOL Dr.Repro for UDS」を提供します。eSOL Dr.CAN for UDS と eSOL Dr.Repro for UDS は、国際標準規格のUDS(Unified Diagnosis Services、ISO14229)およびDiagnostics on CAN(ISO15765)に準拠しています。これにより、ECUサプライヤは特定の自動車メーカーだけでなく、複数の自動車メーカーに納品できます。

イーソルは車載制御システム開発において、高い技術と豊富なノウハウがあります。eSOL Dr.CAN for UDS と eSOL Dr.Repro for UDS の提供に加えて、本製品の実装や、車載品質要求に沿ったテストの受託開発、ISO仕様を満たしたテスト結果報告書の作成サポートを、プロフェッショナルサービスとして提供します。これにより、ユーザは短期間で車載診断機能を実現でき、ECUの制御プログラムの開発に注力できます。

また、「eSOL Dr.CAN for UDS」と「eSOL Dr.Repro for UDS」の機能安全適合支援ドキュメントパッケージ「eSOL Dr.CAN for UDS QM パッケージ」および「eSOL Dr.Repro for UDS QM パッケージ」の販売を開始しました。ECUサプライヤは、自動車向け機能安全規格ISO 26262への適合に必要になるエビデンスを入手できるため、eSOL Dr.CAN for UDS および eSOL Dr.Repro for UDS に関わるエビデンス作成の負荷が大幅に軽減されます。


 

特長



    ECU本来の制御機能のパフォーマンスと信頼性を確保しながら、CAN経由の診断通信機能を実現
    OS搭載の有無に関わらず利用可能
    ユーザはISO仕様で定義されたプロトコル挙動を意識せずに、ECU制御プログラムから一定周期で関数を呼び出すだけの簡単操作
    ECUサプライヤは、CANドライバと各診断サービスアプリケーションの作成のみで、車載診断機能の実現が可能


    ECUソフトウェアとキャリブレーションデータの書き換えが可能
    開発、製造、市場投入後の各段階で、リプログラミング機能を容易に実現

導入メリット

    車載診断機能の実装が容易で、診断実装は eSOL Dr.CAN for UDS の1つのAPIをコールするのみ、ECUソフトウェアの改変の影響を最小限に抑えることが可能
    eSOL Dr.CAN for UDS と eSOL Dr.Repro for UDS を使って車載診断アプリケーションを開発すると、使わない場合と比べて開発期間の大幅に短縮
    ※従来の開発期間の二分の一から五分の一に短縮できた実績あり
    受託サービスにて、イーソルがISO仕様を満たしたテスト実施/報告サポートを実施
    自動車向け機能安全規格ISO26262に対する適合負荷の軽減
  • メールフォームはこちら
  • お電話はこちらから

    03-5365-1280