1970s

1975年 5月29日会社設立(エルグ株式会社、2001年5月社名変更)
制御系ソフトウェア開発受託事業開始(現ソリューションエンジニアリング事業部)
1979年 流通・物流向け特機事業開始

1980s

1984年 独自仕様のリアルタイムOS「MKP86」 発売、多くの複合機に採用
1986年 リアルタイムOS「MKP86」が通産省(当時)の優秀情報システム賞を受賞
1987年 車載用指定伝票発行機を発売開始

1990s

1990年 マルチウィンドウ、日本語入力システム搭載RTOS「CZAR-Pro」発売
1991年 流通システム事業部(現ロジスティクスエンジニアリング事業部)を設立。
特機事業を強化
1994年 サービスセンターを開設。特機事業のサポート体制を強化
ハンディターミナル発売開始
1996年 ハンディターミナル「頑丈」 が国内初の防爆仕様として認定
1997年 μITRON仕様準拠リアルタイムOS「PrKERNEL」 発売
1998年 自動車制御専用リアルタイムOS「PrOSEK」 発売
1999年 車載用指定伝票発行機「PS-6000シリーズ」 がグッドデザイン賞を受賞

2000s

2001年 エンベデッドプロダクツ事業部を設立。組込み向けソリューションビジネスを強化
5月1日 イーソル株式会社へ社名変更
統合開発環境「eBinder」 発売
2002年 耐環境型ハンディターミナル発売。過酷な環境下でのソリューションを拡充
2003年 本社を東京都中野区本町(中野坂上)へ移転
2005年 次世代のμITRON、T-Kernel拡張リアルタイムOS「eT-Kernel」 発売
2006年 世界に先駆けてマルチコアプロセッサ対応リアルタイムOS「eT-Kernel Multi-Core Edition」 発売
ハンディターミナル向けアプリケーション開発ツール「eSOL Emusen(イムゼン)」 発売。流通・物流向けソリューションを拡大

2010s

2011年 AUTOSARツール/基盤ソフト「eSOL ECUSAR」 発売。車載向けソリューションを本格化
2012年 UDS規格準拠車載診断プロトコルスタック「eSOL Dr.CAN」、「eSOL Dr.Repro」 発売
世界初の商用メニーコア向けリアルタイムOS「eMCOS」 を開発
2014年 eSOL AGRInkシリーズ」 を開発し、IoT事業開始
2015年 当社の100%出資による子会社としてイーソルトリニティ株式会社を設立
eT-Kernel」 が国産OSとして初めて、機能安全規格 ISO 26262 ASIL D(自動車)/IEC 61508 SIL 4(産業機器)のプロダクト認証を取得
2016年 株式会社デンソー、日本電気通信システム株式会社との3社合弁により関連会社、
株式会社オーバス「AUBASS CO., LTD.」を設立
開発プロセス支援ツール「eWeaver」 提供開始
車載ソフト国際標準AUTOSAR仕様準拠スケーラブルリアルタイムOS「eMCOS AUTOSAR」 を開発
当社のリアルタイムOS製品開発プロセスが医療機器向け安全規格「IEC 62304」の認証を取得