概要

IoTタンク残量管理ソリューションは、センサ技術と通信、クラウドを活用し、サーバ上でタンク内の残量データを蓄積・管理し、業務の最適化を図ります。

<IoTタンク残量管理ソリューション システム構成例>



本ソリューションにより、これまでマンパワー作業がメインだったタンクの巡回や検針などの現場での業務を、クラウドを利用することで情報共有が容易になるため、オフィスにいながらタンク残量の確認と、的確な在庫管理および発注作業が可能になります。輸送やコストの改善に加え、作業員の安全確保などの業務改善に貢献します。

本ソリューションは、センサメーカーの山本電機工業株式会社、通信モジュールメーカーの日米電子株式会社と共同で開発しています。


こんなお悩みを解決します

・人手によるタンクの巡回および検量や、データ集計・入力作業を省力化したい  
・高所などの危険ロケーションの巡回を減らしたい
・原材料の補充や廃棄物の回収手配を簡略化したい
・配送効率を向上させたい


メリット

1.業務効率化
・センサ×クラウドのシステムによるリアルタイムなデータ収集で、タンクの巡回・検量や集計作業を省力化

・取集データに基づき原材料などの発注や手配を行えるため、ミスの防止と業務の簡略化が可能

2.現場環境の改善
・危険を伴う高所などの巡回回避
・配送ドライバーによる検量等作業の負担を軽減

3.低コスト・短期の稼働開始を実現
・既存タンクへのセンサ取り付けが可能で、取り付け後すぐに運用開始が可能
・センサ、通信モジュール、クラウドサービスをワンストップで提供することで、導入コストの削減と短期導入を実現
・収集データにより資材輸送を適切かつ効率的に行えるため、運搬コストの削減に貢献


特長

1.センサ機器から通信ネットワーク、クラウドまでワンストップで提供

2.多彩なセンシング機器に対応、液体・粉体など様々な内容物を計測可能
  ●レベル計(貯蔵されている液体や粉粒体の残量の有無や残量レベルを正確に把握するためのセンシング機器)
    ・フロート式
    ・静電容量式
    ・超音波式
    ・レーダー式
    ・電波式
    ・圧力式
     など
  ●温度計
  ●圧力計(気圧)
  ●流量計
   など
 ※他、ご要望に応じた最適なセンサをご提案可能

3.リモートメンテナンスによる閾値・設定変更や障害診断が可能

4.多様な通信手段を選択可能
    ・4G LTE
    ・Wi-Fi
    ・Bluetooth
    ・ZigBee
 ※他、ご相談に応じて対応可能

5.ユーザの利用環境に応じた設置に対応
    ・電源タイプ:AC100W、乾電池(単一)
    ・防水仕様


クラウドでのタンク残量管理画面のイメージ