Index

システムに求められる高度な要求を実現するRTOSとLinuxの共存

1つのSoC上でリアルタイムOSとLinuxを共存させることで、

  1. リアルタイムOSが持つ即時応答性や高速起動、高い信頼性を確保
  2. Linuxが持つ豊富なグラフィック機能およびネットワーク機能の活用

を両立したシステムの構築が可能になります。




RTOSとLinuxのメリット・デメリット

対象システムが異なるリアルタイムOSとLinuxを組込みシステムで使う上で、それぞれ以下のようなメリット・デメリットがあります。

  リアルタイムOS Linux
起動時間 速い 遅い
リアルタイム処理 不可
※リアルタイム処理に対応可能な製品も一部あり
ソースコード公開義務 なし あり
ソフトウェア資産 充実度でLinuxより劣る 豊富
ソフトウェア技術者数 組込み分野に限定される PCベースを含めると
非常に多い
信頼性・堅牢性 機能安全認証取得済み
製品あり
機能安全認証への対応が
難しい


このページのトップに戻る


イーソルのRTOSとLinuxの共存により高信頼ヘテロジニアスコンピューティングを実現

厳しいリアルタイム性や高い品質が求められるシステムでの多彩な採用実績を持ち、機能安全に対応したイーソルのリアルタイムOSとLinuxを共存することにより、システムに求められる高度な要求を満たしながら、開発効率化と高品質の確保を実現する、高信頼性ヘテロジニアスコンピューティングシステム開発を強力に支援します。

特長
1つのSoC上で、リアルタイム性を確保最新のグラフィック・ネットワーク機能
 両立を実現
・厳しい起動・即時応答性能を求められるハードリアルタイムシステムは、eMCOS
 eT-Kernel側で構築
・ブートはリアルタイムOS側から起動し、リアルタイム処理をいち早く開始
・グラフィック機能やネットワーク機能はLinuxの持つ豊富なライブラリを活用
・万が一にもLinux側からの空間的・時間的浸食がリアルタイムOS側に及ばないように
 ソフトウェアパーティショニングが施され、その上で必要最低限のOS間通信を行う
 セーフティなコンセプトに基づいて実装


このページのトップに戻る


対応プラットフォームおよび実装例

インテルArria 10 SoC
・Arm Cortex-A9(1コア): Ångstrom Linux
・Arm Cortex-A9(1コア): eT-Kernel SCE* Compact


Zynq UltraScale+ MPSoC
・Arm Cortex-A53(4コア): PetaLinux
・Arm Cortex-R5(2コア): eT-Kernel SCE* Compact


※上記以外のプラットフォームについても対応可。
※SCE = Single Core Edition

このページのトップに戻る


関連資料

講演資料
RTOSとLinuxの共存で実現する高信頼性ヘテロジニアスコンピューティング〔ETWest2018 出展社セミナー講演資料〕

【講演概要】
IoTやAI等の急速な技術進化にともない、製品開発に求められる機能がますます高度化・複雑化している一方で、納期や品質・信頼性への要求も厳しさを増している。本セミナーでは、これらの課題を解決するためのアプローチとして、一つのCPU上でリアルタイムOSとLinuxを同時に実行・共存させる手法を紹介し、そのメリット・デメリットや具体的な実装方法、ヘテロジニアスコンピューティングを実現するためのOS技術などについて解説する。

パネル

リーフレット


  • メールフォームはこちら
  • お電話はこちらから

    03-5302-1360