概要

USB Host Stackは、組込みシステムにUSBホスト機能を実装するための、USB1.1および2.0 (Full Speed/High Speed) 仕様準拠ホスト側プロトコルスタックです。USB Host Stack を組み込み、システムを構築することで、PCを介さずにUSBデバイス機器との通信ができるようになります。



USBホスト機能

USB仕様で定義された以下のUSBホスト機能を提供します。

  • USBデバイスの挿抜検出
  • コントロール転送でのUSB標準リクエストの管理
  • ホスト・デバイス間のデータフローの管理
  • ハブをサポート、複数のUSBデバイス機器の管理が可能


四種類の転送タイプをサポート

USB Host Stack は、以下の転送タイプをサポートしています。

  • コントロール転送:ホスト・ターゲット間の制御用データ転送
  • バルク転送:比較的まとまった量のデータ転送や非周期的なデータ転送
  • インタラプト転送:比較的少量の定周期的なデータ転送
  • アイソクロナス転送:リアルタイムが要求される転送に使用される方式


クラスドライバのサンプルを添付

独自クラスドライバ作成時のリファレンスとして、サンプルクラスが添付されています。



各種クラスドライバをオプションで提供

以下のクラスドライバをオプションで提供します。

  • Mass Storageクラスドライバ
  • Communication Deviceクラスドライバ
    (Abstract Control Model (ACM) サポート)
  • Audioクラスドライバ

Mass Storageクラスドライバは、大容量デバイスやデジタルカメラなど、挿入されたデバイスがMass Storageクラスをサポートしている場合、ストレージ機能を実現します。Mass Storageクラスドライバの特長は、下記のとおりです。

  • Bulk-OnlyおよびCBI転送プロトコルをサポート
  • 下記のサブクラスをサポート
    • SCSI transparent command set
    • SFF-8020i
    • SFF-8070i
    • MMC-2(ATAPI)
  • 複数LUNサポート



高い移植性

USB Host Stack 本体はC言語で記述されており、CPUには依存しません。ホストコントローラドライバやOS依存部は独立しているため、異なる環境への対応が容易にできます。



T-Engine、T-Kernelへの対応

USB Host Stack は、T-Engine、T-Kernel に対応しています。



ソースコード提供

USB Host Stack は、ソースコードで提供されます。



保守サービス・カスタマイズサービス

下記内容の保守サービスを提供しています。保守サービスを受けることにより、安心してUSB Host Stack を使った開発に取り組むことができます。

  • メールでの製品に関するお問合せに対する回答
  • マイナーバージョンアップ品の提供

また、独自リアルタイムOSやハードウェアなど、異なる環境にUSB Host Stack を対応させるカスタマイズサービスを提供しています。

USB Stack アーキテクチャ図



動作環境

USB Host Stack は、下記の環境での動作実績があります。
ホストコントローラ: UHCI/OHCI/EHCI

  • TMS320DM35x (テキサス・インスツルメンツ製) 内蔵コントローラ
  • TMS320DM644x (テキサス・インスツルメンツ製) 内蔵コントローラ
  • SH7727 (ルネサステクノロジ製) 内蔵コントローラ
  • S1R72V05 (セイコーエプソン製)
  • μPD720101 (NECエレクトロニクス製)
  • VR5500 (NECエレクトロニクス製) 内蔵コントローラ

USB Host Stack を動作させるためには、RTOS が必要です。対応RTOS、開発環境については、お問い合わせください。


オプション・関連製品

オプション製品:クラスドライバ

Mass Storageクラス
Communication Deviceクラス
Audioクラス
HIDクラス

  • 他クラスのドライバは順次対応予定。


  • メールフォームはこちら
  • お電話はこちらから

    03-5302-1360