・EPT (eBinder Project Template) 機能
プラットフォームパッケージ機能
JTAG-ICE連携
マルチコアプロセッサのサポート
メモリ保護/プロセスモデル対応OSのサポート
eBinderコマンドサーバ


パーシャルロード機能とタスク生成機能

eBinderでは、ターゲットボード上でプログラムを実行中に検証対象のオブジェクトモジュールを後から追加してロードできる、パーシャルロード機能を提供しています。また、あとから追加したモジュールをタスクとして動的に生成し、実行させることができます。このパーシャルロード機能とタスク生成機能を活用することで、対象モジュールの些細な変更のたびにシステム全体をリンク、ロード、リセットして再起動する必要が無いので、待ち時間の大幅な短縮が出来、結果的に短期間での開発が可能になります。

eBinderの開発スタイル



プラットフォームパッケージ機能

ターゲットプラットフォームの開発と利用促進を支援する機能です。この機能を使えば、ターゲットプラットフォームの利用環境をコントロールでき、たとえば、ターゲットプラットフォームのモジュール内のソースコードや設定情報を誤って変更してしまうことなどを予防できます。また、ターゲットプラットフォームのバージョン管理が容易に出来ます。


JTAG-ICE連携

JTAG-ICE連携機能では、通信機能と実行制御機能の2つをサポートしています。eBinderでは、ホスト側とターゲット側との通信に、UART、イーサネットを利用できますが、ターゲットハードウェアにデバッグ用の通信ポートが確保できない場合などには、JTAG-ICEを利用できます(通信機能)。フラッシュメモリ上のプログラムデバッグやシステム全体のブレーク機能等JTAG-ICE独自の機能を利用したい場合には、eBinder IDE画面を通して利用することができます(実行制御機能)。
※JTAG-ICEによっては、実現できない機能もあります。

JTAG-ICE連携詳細


マルチコアプロセッサのサポート

SMP、AMPのいずれもサポートしています。シングルプロセッサの時と同様に、タスク単位の反復型開発モデルで開発を進めることができます。マルチコアプロセッサ上のソフトウェア設計、開発を行う場合には、タスク/プロセスの正確なマルチプログラミングが特に重要です。eBinderのマルチプログラミングツールが役に立ちます。また、複数コア上のプログラム間の協調動作の様子やシステム全体の複雑な動きを捉えるのに、システム解析ツールが有効です。

eT-Kernel MCE(Multi-Core Edition)を使った場合の開発


メモリ保護/プロセスモデル対応OSのサポート

プロセス単位のローディングやデバッグ、システム解析を行えます。プロセス内のタスク単位のデバッグ、解析も可能です。

eT-Kernel Extendedを使った場合の開発


eBinderコマンドサーバ

コマンドサーバは、eBinderをコマンドラインで制御するためのアプリケーションです。eBinder IDEの画面を起動せずに、ビルドやShellスクリプトの実行ができます。eBinderコマンドサーバと外部のツールを組み合わせることにより、ビルド自動化を実現できます。



◀  2.  eBinderの構成
4.  開発スタイル 

3. 機能一覧


関連資料

以下より、総合カタログをダウンロードいただけます。

rtos-platform-catalog


新規CTA
製品に関するお問い合わせはZoom無料相談会で