《 New 

AUTOSAR Classic Platform(CP) 入門トレーニング 

イーソルでは、これからAUTOSAR Classic Platform(CP) に関わる方に向けて、AUTOSAR CPの全体像を短期間で理解することができるトレーニングを提供しています。

AUTOSAR(Automotive Open System Architecture)は、自動車業界全体における車載ソフトウェアの再利用や自動化の促進を目的として2003年7月に設立されました。既に欧州での新規開発では殆どのケースでAUTOSARが採用されており、日本国内の開発においても採用する動きが活発化しています。

本トレーニングでは、静的OSをベースにした制御系ECU向けのAUTOSARプラットフォームであるAUTOSAR CPについて解説します。
数百冊にのぼるAUTOSAR CPの英文仕様書を「どこからどのように読み解けば良いか分からない」という方に向けて、AUTOSARのプレミアムパートナーであり仕様策定にも貢献しているイーソルが、長年のノウハウを余すことなく生かしたカリキュラムでわかりやすく説明します。



イーソルは、車載ソフトウェアプラットフォーム標準仕様の開発パートナーシップAUTOSARのプレミアムパートナーとして活動しています。 詳しくはこちら

本トレーニングの特長
・AUTOSAR CPの知識を短時間で効率的に習得可能
・英文の仕様書を紐解くよりもわかりやすい、日本語のオリジナルテキストを使用
実践的な知識を身につけることができる、ポイントを押さえた講義

オリジナルテキスト イメージ:
 

© 2014-2019 Tsuyoshi Sakurai / eSOL Co., Ltd. 不許複製

講義内容
第1部 AUTOSAR CPの歴史および経緯
第2部 アーキテクチャの全体像
第3部 開発作業の流れ (Methodology & Templates)
第4部 プラットフォーム内部 BSW/RTE機能の概要
第5部 実務に必要な知識やあれこれ

トレーニングコース
コース区分 1日コース 2日コース
所要時間6時間 × 1日間 6時間 × 2日間
講義内容第2、3、4部の概要 第1部~第5部すべて
費用 5万円/名
※2020年6月30日までの
 開始記念価格 *1

10万円/名
※2020年6月30日までの
 開始記念価格 *2
実施方法 お客様ご希望の日程・場所に弊社講師がお伺いし、お客様のみを対象に開催します。(出張費等別途)

*1…1日コースの価格は、2020年7月1日以降 10万円/名 となります。
*2…2日コースの価格は、2020年7月1日以降 20万円/名 となります。


お申し込み・お問い合わせはこちら