産業分野のIoT化とOPC UA導入を強力に支援

OPC UAとは

FAロボットや産業用機器などの産業分野でIoTやIndustry 4.0対応が急速に進む中、産業オートメーション用のマシン間通信プロトコル「OPC UA」 (Open Platform Communication Unified Architecture) がますます注目されています。 OPC UAは、ドイツ発祥のIndustry 4.0において通信層のデファクトスタンダードとして位置づけされている国際標準規格です。OPC UAは、異なるベンダの製品間や異なるOS間などにおいて相互運用が可能です。プラットフォーム非依存の環境で、セキュリティを確保しながら安全なデータ交換を実現します。

イーソルが提供するソリューション

OPC UAサーバをリアルタイムOS上で実現

従来、産業機器側に実装されるOPC UA Serverに搭載されるOSはLinuxやWindowsがメインですが、イーソルのリアルタイムOSプラットフォームを利用することで、制御システム側のリアルタイムOSの環境をOPC UA Serverで実現することができます。これにより、産業分野で求められるリアルタイム性や安全性を確保しながら、新規および既存システムのIoT化を容易かつ迅速に進められます。




・ 産業用イーサネットのマスター、スレープのスタックをサポート
・ IoT、機器間、フィールドバスの各種産業用ネットワークプロトコルを機能安全(IEC 61508)認証リアルタイムOSでサポート
・ 産業用イーサネットで対応の進むTSN(Time-Sensitive Networking)をサポート予定

産業用ネットワークプロトコルを提供する各種ベンダとの連携により、産業機器のネットワーク化を容易に

イーソルリアルタイムOS対応製品取り扱い各種ベンダ
・ OPU UA Sever : Softing社(アナザーウェア社)
・ EtherCAT Master: acontis technologies社、 koenig-pa GmbH(KPA)社
・ EtherCAT Slave : Softing社(シェルパ社)
・ EtherNet/IP Adapter : Softing社(シェルパ社)
・ PROFINET Device : Softing社(シェルパ社)

上記のベンダと連携して、お客様に最適なシステムをイーソルからワンストップでご提供します。イーソルのリアルタイムOSプラットフォームがお客様製品の産業ネットワーク対応を強力にサポートします。

評価キット
イーソルの機能安全対応TRONベースリアルタイムOS「eT-Kernel」とスケーラブルリアルタイムOS「eMCOS」に対応した「OPC UA Toolkit for eSOL」(アナザーウェア社製)をご用意しています。

評価キット「OPC UA Toolkit for eSOL」の お申込み・お問い合わせはこちら

関連資料

以下より、リーフレットをダウンロードいただけます。

新規CTA

下記の画像をクリックするとデモ動画をご覧になれます。
デモ内容:イーソルのリアルタイムOSを搭載したロボット制御コントローラにEtherCATとOPC UAを
連携させ、PCから工場のロボットを操作
産業用ネットワークソリューションdemo