映像記録型ドライブレコーダー搭載デジタルタコグラフ 「デンソードライビングパートナー」

株式会社デンソー様

株式会社デンソー様が開発した「デンソードライビングパートナー」は、業界初の「運転特性診断」機能が搭載されたドライブレコーダー一体型デジタルタコグラフです。

速度、時間、距離を含む車両情報を記録するタコグラフは、法律に基づき、大型商用車などへの装着が義務付けられています。運送業者は、タコグラフに保存された運行情報をもとに、ドライバーに運転改善や業務効率化の指導を行います。デンソードライビングパートナーは、ドライバーの運転特性を数値化する「インフォメーションディスプレイ」機能や、従来のタコグラフでは認識できなかった交差点の位置情報を把握する「交差点走行診断」を使い、ドライバーの運行特性をリアルタイムに分析し、運転改善を行うことで、走行中、ドライバーの安全とエコ運転をサポートしています。また、デジタルタコグラフとドライブレコーダーが一体となることで、1つのメディアにタコグラフ、ドライブレコーダーそれぞれのデータを保存でき、同一のソフト上で管理できるため、運行管理者が運行管理や安全指導をスピーディに行えるしくみになっています。


デンソードライビングパートナー





採用されたのは、eT-Kernel/Extended、eBinder、PrUSB/Hostです。eT-Kernel/Extendedは、実行中のプロセスにより、他のプロセスが管理しているメモリ領域やカーネルリソースを誤って破壊するのを防ぐ、メモリ保護機能や、システム全体を処理単位 (プロセス) に分けて管理/実行できるプロセスモデルのサポート機能を搭載しています。プロセスごとの開発、デバッグが可能なため、大人数での大規模なシステム開発に最適です。 今回の採用では、走行中に随時運転特性を分析し、タイムリーに運転改善を行う機能などにおいて、カーナビなどの車載情報系に実績のあるeT-Kernelが、高いリアルタイム性と信頼性の実現に貢献しています。eBinderは、eT-Kernelに特化した、リアルタイムOSを使うシステム開発のためにゼロから設計された開発ツールです。リアルタイムシステム特有の同期や排他、割込み制御などの問題を容易に解決できるため、開発者の負担を軽減し、開発効率を向上させることで、短期間、低コストでの開発が実現できます。


採用製品