ネットワークLSI「YTD442」用開発キット「KT-VNP1TA1」

ヤマハ株式会社様

YTD442は、IP電話機器やネット家電などのネットワーク対応機器向けに最適な、ARMプロセッサ搭載LSIです。リファレンスデザインとして用意されたYTD442評価ボードは、LAN端子、PSTN (公衆電話網) 端子を持っており、1チャンネルのVoIPアダプタ (VoIP-TA) として動作します。YTD442評価ボードを含む開発キット「KT-VNP1/TA1」では、PrKERNELv4をはじめ、IPv4/IPv6/SIP/RTP/HTTPDなどのプロトコルやエコーサプレッサ、電話機制御、電話回線 (PSTN) 制御、VoIP-TA呼管理を行うソフトウェアなど、評価ボード上で動作する豊富なソフトウェアがソースコードで提供されます。開発者は、ハードウェア開発と同時にこのソースコードを利用して評価ボード上でソフトウェア開発を行うことができ、大幅な開発期間の短縮が可能です。
さらに、標準ソフトウェア開発環境として用意されているeBinder を使うことで、品質の高いネットワーク対応機器の開発が短期間・低コストで可能になります。


  


ヤマハ株式会社 半導体事業部長 小原 辰三 様 のコメント

「YTD442は、需要が高まってきたIP電話機器やネット家電向けLSIです。YTD442開発キットでは、ネットワーク対応機器に必要なソフトウェアモジュールをソースコードで提供するため、ネットワーク対応機器の開発者がそのソースコードを利用して機器を短期間に開発できるものと確信しております。さらに、ソフトウェア開発環境においては、リアルタイムOSや開発環境をはじめ組込みソフトウェアの分野で豊富な実績とノウハウを持つイーソル殿と共同で、開発者の皆様によりよいサービスを提供していきます。」


採用製品