宇宙環境信頼性実証システム (SERVIS) プロジェクト

NEC東芝スペース株式会社様

宇宙環境信頼性実証システム (SERVIS) プロジェクトのソフトウェア開発に、eBinder が採用されています。eBinder は高い信頼性が要求されるソフトウェア開発においても、その要求を満たしながら開発期間の短縮・開発コストの削減を実現します。
SERVIS (Space Environment Reliability Verification Integrated System) プロジェクトとは、先端的な民生部品・民生技術を使用して高性能・低コストな衛星システム実現に向けた知的技術基盤を構築することを目的とした国家プロジェクトです。新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO) からの委託を受けて、財団法人無人宇宙実験システム研究開発機構 (USEF) が実際の開発を進めています。
eBinder は2005年に打ち上げ予定の同プロジェクト実証衛星2号機に実験機器として搭載される自律フォールトトレラント計算機の開発を担当しているNEC東芝スペース株式会社により採用、開発を進行中です。




宇宙環境信頼性実証システム (SERVIS)




採用製品