デジタルカメラ「Kodak EasyShare V570 デュアルレンズ デジタルカメラ」

コダック株式会社様

「Kodak EasyShare V570 デュアルレンズ デジタルカメラ (以下、V570) 」は、23mm超広角 (ウルトラワイド) レンズと光学3倍ズームレンズの2つのレンズとCCDセンサーを1つのカメラに搭載した世界初のコンパクトデジタルカメラです。超広角から5倍ズーム相当 (23mm~117mm) までの広範囲の焦点距離を活かして、グループ写真、広大な風景、印象的なポートレイトから至近距離での撮影まで幅広く活用できます。特に、超広角レンズ86度の画角は、狭い部屋でも苦労なく対象物すべてを撮影したり、遠ざかることなく大きな建造物を撮影したり、広大な風景を存分に撮影したりできます。また、撮影した最大3枚の画像をカメラ内で1つの画像につなぎ合わせることができる、「ウルトラワイドパノラマ機能」を搭載していますので、広角の画像を3枚つないで180度のパノラマ写真も作成できます。他にも動画撮影機能など、スリムでコンパクトなボディながら豊富な機能満載のデジタルカメラです。さらに、コダック社の長年にわたるノウハウが詰まった「コダックカラーサイエンス画像処理専用チップ」により、豊かで鮮やかな自然の色合いを実現できます。




Kodak EasyShare V570
デュアルレンズデジタルカメラ




株式会社 コダック デジタル プロダクト センター
ソフトウェア設計グループ V570FW開発リーダ- 森 真一 様 のコメント

「既存モデルに続き、今回のV570にもeBinderとPrKERNELv4を使用しました。eBinderは、既存資産を使った開発がやりやすいので、前モデルのソフトウェア資産を有効に活用し、使い慣れた環境で効率的に開発を進めることができました。PrKERNELv4は、信頼性が高く性能もよいため、引き続き採用を決めました。このほか、ライセンス範囲がプロジェクトごとなので、新たなコストや契約の締結し直しなどの手続きに煩わされることがなかったことも、よかった点です。」


採用製品