HD対応デジタルカメラ「Kodak EasyShare Z1275」

コダック株式会社様

『Z1275』は、12メガピクセルのデジタルカメラで、現在、北米、欧州、アジア各国で発売中です (日本を除く) 。米テキサス・インスツルメンツ社が開発したDaVinciテクノロジーに基づくデジタル・メディア・プロセッサ「TMS320DM350」を採用しており、静止画撮影のほか、HDに対応したMPEG-4形式の動画撮影が可能です。デジタルカメラ本体に装着された2.5インチの高解像度ディスプレイで、撮影した静止画や動画をその場で楽しむことができます。さらに、静止画の切り取り機能や赤目補正機能、手ブレや被写体ブレの抑制機能など、撮影に便利なさまざまな機能が搭載されています。また、付属のKodak EasyShareソフトウェアを利用すれば、家族や友人との写真や動画の共有や、フォトカードの作成、プリントアウトなどが簡単にできます。




Kodak EasyShare Z1275




採用されたPrKERNELv4は、タスク管理やメモリ管理、リアルタイム処理などの、『Z1275』内部のソフトウェア全体を管理するベーシックな機能を提供しています。eBinderは、『Z1275』のソフトウェア開発のために利用された開発環境です。デジタルカメラのように、さまざまな機能が並列に、正しい順序や所作で動作することが求められるリアルタイムシステム開発に特化した、デバッグやシステム解析のための豊富な開発ツールが含まれています。eBinderを利用することで、高品質なソフトウェアを効率的に開発することが可能になりました。また、PrFILE2はSDメモリカードなどのメディア内のファイルシステム管理機能、PrUSB/DeviceはプリンタやパソコンなどUSBホスト機器との接続機能を提供しています。


採用製品