ロボットソフトウェアの開発

WORKS

ロボットソフトウェアの開発

WORKS

エンジニアリングサービス

最新の ROS 2 開発環境で行う
ロボット開発担当

SE事業部

仕事内容

ROS 2 (ROSの次世代版) と通信可能な通信ミドルウェアをハードウェアボードへ移植する作業を行っています。最終的な目標としてはPCで起動した ROS 2 とハードウェアボードとの間で、ROS 2 の仕組みで通信 (メッセージ通信) ができることを目指しています。もしこれが実現できれば、センサーで取得した情報を離れた場所のPCで起動した ROS 2 に送ることもでき、ロボットへの応用につながります。

お客様に納得いただけるものを開発するには、詰まるところお客様の要望をきちんととらえることです。そのためには、納得いくまで対話を重ねることが一番重要だと思います。

※ROS:Robot Operating System の略で、ソフトウェア開発者のロボット・アプリケーション作成を支援するライブラリとツールを提供するオープンソースソフトウェアの事を言います。

大変だと思うところ

ROS の知識も必要ですが、それを移植するハードウェアの知識も必要になります。また、現在開発中のソフトウェアを組み込んだり、OSS (オープンソースのソフトウェア) を用いて開発することもあります。そういった場合に備え、常に最新の情報を確認し、知識として習得する必要があります。日々の勉強・情報収集が不可欠です。

仕事の面白み

新しい技術に触れられることです。ロボットや自動運転、人工知能など様々なキーワードが関係してきます。例えばロボット関連開発で使っている技術は、自動車関連の開発に応用することができるかもしれない。そういう点が面白みのひとつでもあります。

これから挑戦したいこと

今後は ROS を用いた様々なロボット開発に携わりたいです。また、自動運転に関する技術も習得していきたいです。これからさらに成長していくと思われる分野なので、それに合わせて自分も一緒に成長してきたいです。

image

社会への影響について

ROS の使用を検討している企業、実際に使用している企業も多くあります。ROSをベースにした自動運転システムが開発中であったり、またロボットで実際に使用されているケースもあります。ROS の使用を検討・また実際に使用されているお客様をサポートすることで、便利で快適な社会を実現できます。

求職者へのメッセージ

新しい技術、様々な技術に興味を持っている人が活躍できると思います。今知識がなくても、興味さえあればそれに合わせて知識や技術力も付いてきます。また、職場はとても良い雰囲気で、周りの方々のサポートも手厚いです。


1日の流れ

09:00 - 出社

メール処理と本日の作業の準備をします。同じプロジェクトの人と10分程度の進捗会議も行っています。

10:00 - デバッグ

デバッグ作業を繰り返します。なぜ不具合が発生しているのか、問題の箇所を切り分けながら原因を特定し、不具合を解消します。

12:00 - 休憩

13:00 - デバッグ

引き続きデバッグ作業を行います。

16:00 - レビュー

レビューを実施し、ソースコードやテスト結果などを同じプロジェクトの先輩社員に確認してもらいます。

17:00 - 残作業の確認

その日取り組んだ作業の振り返りなどを行います。

17:30 - 退社

リリース前は残業することもありますが、終業時間を過ぎたらなるべく早く退社しています。

プロフィール

プロフィール

エンジニアリングサービス 所属

大学では教育心理学研究室に所属し、非行少年の処遇などについて学んだ。高校までは理系であったが、大学からは文系に転向。イーソルでの実績としては、ROS の通信プロトコルを組み込み向けハードウェアボードへ移植するなどの作業を行っている。

ENTRY