2014年07月23日


~コンセントからの電源供給が難しい場所でのラベル発行が可能に~

報道関係者各位 
イーソル株式会社


バッテリ搭載プリンタカート「PS-CART」


イーソル株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:長谷川 勝敏、以下イーソル)は、据え置き型ラベルプリンタなどの機器に電源供給が可能な、バッテリ搭載型のプリンタカート「PS-CART」(以下、PS-CART)を開発したことを発表します。PS-CARTにより、電源供給が難しい物流倉庫や工場などでも、電源が必要な機器の長時間運用が可能になります。PS-CARTは受注生産で、機器を設置する天板部はカスタマイズにも対応しています。

物流倉庫や工場などの物流・流通現場では、製品などに貼り付けるラベルをその場で発行するケースが多々あります。一方で、そのような現場ではプリンタの電源が取れない場合が多いため、プリンタは現場から離れた事務所に設置されることがほとんどです。携帯用プリンタは、現場でのラベル発行に適していますが、スペックの観点から大量のラベルを素早く発行するには課題があります。バッテリを搭載するPS-CARTを利用することで、大量ラベル発行向けの据え置き型ラベルプリンタへの電源供給が可能になるため、場所を選ばずに製品ラベルなどを発行できます。PS-CARTは可動式のため、ユーザは貼り付け対象物の近くでラベルを発行でき、作業効率の向上が期待できます。

PS-CARTの天板部はカスタマイズ可能で、プリンタ以外にも、ハンディターミナルやタブレット端末など、各種機器を設置できます。これらの機器に対してもバッテリから電源供給ができるので、ピッキングカートや検品端末用カートとして運用することもできます。


イーソル株式会社 取締役 ロジスティクスエンジニアリング事業部長 山田 光信 のコメント

「イーソルは、これまで物流・流通の現場向けに、耐環境性のハンディターミナルやルートセールス向けの車載プリンタをはじめ、ユーザのニーズに適した多種多様な製品・サービスを提供してまいりました。今回、新たにバッテリ搭載プリンタカートを開発したことで、現場運用のさらなる改善や業務効率化に貢献できるものと考えております。」 

【販売ターゲット】
  • 物流・倉庫(入出庫・倉庫管理、トレーサビリティ)
  • 工場(生産管理、工程管理)
  • 小売・流通(商品管理)

【販売価格】
  • オープン(受注生産)

■補足資料

イーソル株式会社について

イーソル株式会社は「Inside Solution」をブランドスローガンに、1975年の創業以来、組込みソフトウェア業界、および流通・物流業界で実績を重ねて参りました。ユビキタス社会を内側から支える技術者集団として、お客様の満足を第一に、開発、販売からサポートまで一貫したサービス、そしてトータルソリューションを提供しております。弊社は創業直後より30年以上にわたって、高信頼かつ高性能の組込みOS・開発環境・各種ミドルウェアを自社開発、販売し、デジタルカメラなどの情報家電製品から車載情報機器や人工衛星システムにいたるまで、数多くの組込みシステムに採用いただいています。日本市場のみならず、北米、ヨーロッパ、アジア市場向けに製品・サービスの販売活動を広げています。さらに、顧客様のシステムに特化した組込みアプリケーション開発やコンサルテーションも創業時より行っており、これら様々な規模のシステム開発実績による技術とノウハウの蓄積を背景としたサービスは、多くの顧客企業様より高いご信頼をいただいております。また、組込み技術の応用市場としての流通・物流業界においても、指定伝票発行用車載プリンタ、耐環境ハンディターミナル、冷凍庫ハンディターミナルなどの製品企画および販売を行い、高い評価をいただいております。

イーソル会社情報へ

報道関係者向けPDF形式ファイルはこちら