2017年11月28日


報道関係者各位 
イーソル株式会社

イーソル株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:長谷川 勝敏、以下イーソル)は、世界大手ITアドバイザリ企業であるガートナーの「Market Guide for Embedded Operating Systems(*1)」レポートで、「代表的ベンダー」の1社として掲載されたことを発表します。イーソルは、本レポートに含まれる組込みOSプロバイダの提供する商品・サービスリストにおいて、リアルタイムOSに加え、ファイルシステムや通信などのミドルウェア、開発ツール、プロフェッショナルサービス等の商品・サービスを提供するベンダーとして掲載されています。

ガートナーによると、組込みOSは、エンタープライズアーキテクチャおよび技術革新のリーダーが、新しい機能と組込みシステム特有の制約条件を両立させながらIoT商品を設計するための重要な要素です。

イーソルのフラッグシップ商品である「eMCOS」は、シングルコアからメニーコアまでをサポートした商用では世界初のスケーラブルリアルタイムOSです。従来のリアルタイムOSとはまったく異なる「分散型マイクロカーネルアーキテクチャ」を採用することで、シングルコアから数百個のメニーコアプロセッサまでをサポートするコア数のスケーラビリティと、OSEK/AUTOSARベースのマイコンシステムからPOSIX/プロセスモデルベースのハイエンドシステムまでをカバーする機能的なスケーラビリティを実現しています。IoTアプリケーションに求められる、ヘテロジニアス/ホモジニアスマルチ・メニーコアプロセッサ、マイコン、GPU、FPGAなど異なるプロセッサを組み合わせたヘテロジニアスコンピューティングにも最適です。さらに、独自のスケジューリングアルゴリズム「セミプライオリティベーススケジューリング」(特許第5734941号、5945617号 取得)を実装しています。これらの技術により、高いパフォーマンスとスケーラビリティに加えて、ミッションクリティカルな組込みシステムに不可欠なリアルタイム性を実現できます。

イーソルは、eMCOSと、豊富な実績を持つ機能安全対応リアルタイムOS「eT-Kernel」から選択できるリアルタイムOSを核に、開発ツール通信、ファイルシステム、USB等のミドルウェア、さらにプロフェッショナルサービスを統合し、ソフトウェアプラットフォームとして提供しています。自動運転や先進運転車支援システムなどを含む車載機器、産業機器、医療機器など、IoT時代のさまざまなインテリジェント機器に採用されています。


イーソル株式会社 取締役CTO 兼 技術本部長 権藤 正樹 のコメント


「自動車分野をはじめとする世界各国における顧客の拡大に加え、AUTOSARやマルチ・メニーコア技術の世界的な標準化活動などを通じ、イーソルの組込みOS技術がもつ世界トップクラスの優位性が徐々に認められるようになってきていると感じています。これからもイーソルは、40年以上積み重ねてきた確かな組込み向けリアルタイムOS技術をベースにしながら、IoT時代のニーズをとらえた最先端技術の研究・開発に投資を続け、IoT技術を活用した社会の発展に寄与していきます。」



*1 ガートナー「Market Guide for Embedded Operating Systems」、Aapo Markkanen, 2017年9月13日 https://www.gartner.com/doc/3798779/market-guide-embedded-operating-systems

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありませ ん。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するように助言するものではありません。ガートナ ー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、 明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

■補足資料

イーソル株式会社について

イーソルは、革新的なコンピュータテクノロジーで豊かなIoT社会を創造する、1975年創業のリーディング企業です。リアルタイムOS技術を核とするソフトウェアプラットフォーム製品とプロフェッショナルサービスは、厳しい品質基準が求められる車載システムを筆頭に、FA、人工衛星、デジタル家電を含むあらゆる分野で、世界中で採用されています。最先端の自社製品の研究・開発や、主要メーカーや大学機関との共同研究に加え、AUTOSAR、マルチ・メニーコア技術の標準化活動を積極的に進めています

イーソル会社情報へ


*記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

報道関係者向けPDF形式ファイルはこちら