2017年10月11日

~ボードサポートやLinux連携など、マルチコア対応リアルタイムOSベースソフトウェアプラットフォームを拡充~

報道関係者各位 
イーソル株式会社

イーソル株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:長谷川 勝敏、以下イーソル)は、イーソルのマルチコアプロセッサ対応リアルタイムOS「eT-Kernel MCE(Multi-Core Edition)」をコアとするソフトウェアプラットフォームを拡充し、Arm®コアを搭載したインテル® SoCを使ったソフトウェア開発支援を強化することを発表します。イーソルのeT-Kernel MCEをベースとするソフトウェアプラットフォームを利用することで、FA・産業機器、車載機器、無線インフラストラクチャ装置、放送機器、計測機器、医療向け診断用画像処理機器など、インテルSoCを使った幅広い組込みシステム開発において、高いリアルタイム性と信頼性の確保が容易になります。

「Arria® V SoC」および「Cyclone® V SoC」が搭載された評価ボードのサポートを拡張し、さらに、「インテルArria® 10 SoC」上でハイパーバイザを使わずにeT-Kernel MCEとLinuxの共存を可能にするプロトタイプを開発しました。これらのボード・サポート・パッケージ(BSP)やLinux連携モジュールは、サンプルとして提供可能です。

「インテル® FPGA テクノロジー・デイ 2017」(開催日:2017年10月11日(水)、会場:御茶ノ水ソラシティ カンファレンスセンター)にて、インテルSoC上でハイパーバイザを使わずにeT-Kernel MCEとLinuxを共存させた技術や特長などを解説する講演とデモ展示を行います。

インテルSoCは、デュアルコアArm Cortex®-A9 MPCore™プロセッサとFPGAを統合することにより、システム消費電力やコスト、ボード・スペースを削減しながら、性能の向上とプログラム・ロジックの柔軟性を実現した製品です。イーソルのeT-Kernel MCEベースソフトウェアプラットフォームは、これまでに、下記の評価ボードに対応しました。最上位クラスのインテルArria 10 SoCは、コアあたり最大1.5GHzのCPU動作周波数を持ち高いプロセッサ性能を実現しています。一方、Cyclone V SoCは業界最小レベルのコストと消費電力を実現できるため、コストを重視する量産アプリケーションに最適です。ArriaシリーズとCycloneシリーズは完全なソフトウェア互換性があるため、ソフトウェアの移行が容易です。

■対応評価ボード
【インテルArria 10 SoC】
 ・Arria 10 SoC Development Kit(インテル社製)
【Arria V SoC】
 ・Arria V SoC Development Kit(インテル社製)
【Cyclone V SoC】
 ・DE10-Nano Kit(Terasic社製)
 ・Sodiaボード(マクニカ アルティマ カンパニー社製)


インテル SoCに統合されたArm Cortex-A9 MPCoreプロセッサをサポートするeT-Kernel MCEは、リアルタイムOSベース開発ツール「eBinder」ネットワーク/ファイルシステム/USB/グラフィックスなどの豊富なミドルウェアに加え、製品サポートや受託開発などを含むプロフェッショナルサービスと統合したソフトウェアプラットフォームとして提供されます。動作検証があらかじめ済んでいるので、チューニングやカスタマイズなどの必要なく、すぐに動作します。eT-Kernel MCEの独自技術「ブレンドスケジューリング」により、対称型マルチプロセッシング(SMP)と非対称型マルチプロセッシング(AMP)を混在した柔軟なシステム設計ができます。ソフトウェア開発には、eT-Kernel MCEと緊密に統合され、複雑なマルチコアシステムのデバッグや解析を強力に支援する様々なツールを提供するeBinderを利用できます。eBinderにより、高品質なマルチコア向けソフトウェアを効率的に開発できます。

eT-Kernelベースソフトウェアプラットフォームは、車載機器やFA・産業機器、航空・宇宙システム、コンシューマ機器、OA機器などの様々な分野への採用実績があり、その高い信頼性およびリアルタイム性が実証されています。eT-Kernelは、機能安全規格 ISO 26262(自動車)およびIEC 61508(産業機器)ともに最高の安全度水準(ASIL D、SIL 4)のプロダクト認証を取得しています。また、イーソルのリアルタイムOS製品の開発プロセスは、医療機器向け安全規格IEC 62304に準拠していることが認証されています。


イーソル株式会社 常務取締役 上山 伸幸 のコメント


「イーソルは、Armコアを統合したインテルSoCベースのソフトウェア開発支援の強化を継続していきます。ますますインテリジェント化していく組込みシステムの分野では、ハードウェアとソフトウェアを組み合わせた包括的なシステム設計・開発が欠かせません。ArmコアとFPGAを組み合わせたインテルSoCは、こうしたニーズに最適な選択肢のひとつとなることと予想しています。イーソルはリアルタイムOS技術とArmコアに関する専門知識と技術をベースに、インテルSoC向けソフトウェア開発を支援していきます。」



■補足資料

eT-Kernel MCEについて

eT-Kernel MCEは、マルチコアプロセッサを使う組込みシステムのためのリアルタイムOSです。独自の「ブレンドスケジューリング」機能により、ひとつのシステム内で、SMP型およびAMP型が混在した複数個のプログラムを共存させられます。「Single Processor Mode(SPM)」と「True SMP Mode(TSM)」をベースとする4つのスケジューリングモードを用意しています。プログラムによって適切なモードを選択することで、高スループットの実現などのSMP型プログラムのメリットと、リアルタイム性の確保やソフトウェア資産の再利用の容易さといったAMP型プログラムが持つメリットの、両方をひとつのシステム内で実現できます。

eT-Kernel MCE詳細

イーソル株式会社について

イーソルは、革新的なコンピュータテクノロジーで豊かなIoT社会を創造する、1975年創業のリーディング企業です。リアルタイムOS技術を核とするソフトウェアプラットフォーム製品とプロフェッショナルサービスは、厳しい品質基準が求められる車載システムを筆頭に、FA、人工衛星、デジタル家電を含むあらゆる分野で、世界中で採用されています。最先端の自社製品の研究・開発や、主要メーカーや大学機関との共同研究に加え、AUTOSAR、マルチ・メニーコア技術の標準化活動を積極的に進めています。

イーソル会社情報へ


*記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

報道関係者向けPDF形式ファイルはこちら