2015年11月17日


~高精細グラフィック処理や大規模計算を行うハイエンド機器の開発で、μITRON資産の再利用による効率化が容易に~

報道関係者各位
イーソル株式会社

イーソル株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:長谷川 勝敏、以下イーソル)は、TRONアーキテクチャを継承するT-Kernelベースのソフトウェアプラットフォーム「eT-Kernel Platform」が、AMDの第2世代組込み向けRシリーズAPU(Accelerated Processor Unit)(開発コード名:Bald Eagle)をサポートしたことを発表します。eT-Kernelプラットフォームの中核で、オープンソースのT-Kernelを拡張・改良したリアルタイムOS「eT-Kernel」は、POSIX仕様に本格的に準拠しているため、μITRON仕様リアルタイムOSおよびLinux双方の豊富なソフトウェア資産やエンジニアリソースを活用した効率的なソフトウェア開発を可能にします。eT-Kernelは、FA・産業機器、車載機器、人工衛星システムなど、幅広い分野で多数の採用実績を持ち、機能安全規格の第三者認証を取得しています。こうした高いリアルタイム性および信頼性が実証されたeT-Kernelプラットフォームと、PCやサーバ向けx86系CPUのきわめてすぐれた演算処理能力を引き継ぐAMD組込み向けRシリーズAPUの組み合わせは、工業制御・自動化、ゲーム機器やデジタルサイネージ、医用イメージング、通信・ネットワーク分野等、4Kクラスの高画質や高い演算性能が求められるハイエンド機器に最適な組み合わせです。

イーソルとAMDは、「組込み総合技術展 Embedded Technology2015(ET2015)」(会期:2015年11月18日(水)~20日(金)、会場:パシフィコ横浜(横浜・みなとみらい))のAMDブース(ブース番号:F-13)にて、AMD第2世代組込み向けRシリーズAPUに対応したeT-Kernelプラットフォームをご紹介します。

AMD組込み向けRシリーズAPUは、2または4個のSteamrollerコアを内蔵する2.2GHz~3.6GHzのCPUと、AMD Radeon HD 9000グラフィックスをベースとし、最新のGCN(グラフィックス・コア・ネクスト)アーキテクチャを持つGPUを統合したプロセッサ・ファミリで、5つのモデルがリリースされています。CPUとGPUで共通のメモリ空間を扱えるようにしたヘテロジニアス・システム・アーキテクチャ(HSA)の採用により、GPUを従来の画像処理以外の計算処理に使用できるようになり、優れたシステムパフォーマンスや双方向型のマルチメディア機能、バッテリ寿命を実現しています。UHD(超高精細)品質のマルチメディア機能と、高度な並列処理が必要な組込みアプリケーションをターゲットにしています。

eT-Kernelプラットフォームは、μITRONのアーキテクチャと性能を引き継ぐリアルタイムOS「eT-Kernel」をコアに、開発環境「eBinder」ネットワークプロトコルスタック、ファイルシステム、USBホスト/デバイススタック、グラフィックスを含む各種ミドルウェア、およびプロフェッショナルサービスが統合されています。eT-Kernelは、μITRONに似た構成を持つコンパクトでリアルタイム性の高いリアルタイムOSLinuxとの高い互換性を持つPOSIX仕様準拠リアルタイムOSを含む、3つのスケーラブルなプロファイルで構成されており、ローエンドからハイエンドまで、アプリケーションの規模と機能に合わせて最適なものを選択できます。すべてのプロファイルの核となる「eT-Kernel/Compact」は、機能安全規格IEC 61508(産業機器)およびISO 26262(自動車)ともに最高の安全度水準(SIL 4, ASIL D)の第三者認証を取得しています。現在、AMD第2世代組込み向けRシリーズAPUの環境でVA(Video Acceleration)APIをサンプル実装し、eT-Kernelの特長である優れた低レイテンシ性能、リアルタイム性能を実感できるようなデモ構築を進めています。

イーソルは、AMDの組込み市場向けの主要なパートナーとして、1975年の創立以来40年間積み上げてきた、組込みソフトウェア開発の豊富な実績と経験を活かし、第2世代組込み向けRシリーズAPU向けのソフトウェア開発者を強力に支援していきます。また、今後イーソルは、eT-Kernelの次世代のマルチ・メニーコア向けリアルタイムOSとしてラインアップする「eMCOS」(特許第5734941号取得)を活用した、AMDのHSAの利点を最大限に引き出す高度な並列処理のソリューションの展開を予定しています。 


日本AMD株式会社  エンタープライズ・ソリューション営業本部長  林田 裕 様のコメント
「産業・工業分野、車載分野など高度な信頼性が求められる分野で実績豊富なeT-Kernelプラットフォームによる、第2世代組込み向けRシリーズAPUのサポートを歓迎します。特に、日本やアジア市場においては、豊富なμITRON資産の活用が、効率的な開発の成否を左右します。RシリーズAPUを利用するソフトウェア開発者に向けた、イーソルの高度なOS技術と定評あるプロフェッショナルサービスに期待しています。」

イーソル株式会社 執行役員 エンベデッドプロダクツ事業部長 上倉 洋明 のコメント
「高精細化の流れは、車載やコンシューマ向け機器だけではなく、産業・工業分野や、医療分野をはじめとする各方面に展開されていくことが予想されます。x86アーキテクチャベースのCPUとGPUが統合された高性能なAMD第2世代組込み向けRシリーズAPUは、こうしたアプリケーションの主要な選択肢の一つです。このたび実現したAMD APU 向けeT-Kernelプラットフォームの提供を通じ、イーソルは、信頼性とリアルタイム性に優れた組込みソフトウェア開発をバックアップしていきます。」


■補足資料

eT-Kernel Platformについて

eT-Kernelプラットフォームは、イーソルのコア技術を注入したリアルタイムOSをベースとするソフトウェアプラットフォームです。eT-Kernelプラットフォームにより、ソフトウェア共通化によるコスト削減および開発期間短縮と、システムの信頼性確保を支援します。マルチコアプロセッサもサポートするT-Kernel拡張版「eT-Kernel」とμITRON4.0仕様準拠「PrKERNELv4」を中心に、開発ツール「eBinder」、ネットワーク/ファイルシステム/USB/グラフィックスなどの豊富なミドルウェアに加え、製品サポートや受託開発などを含むプロフェッショナルサービスで構成されています。動作検証があらかじめ済んでいるので、チューニングやカスタマイズなどの必要なく、すぐに動作します。ソフトウェアだけでなく、ニーズに合わせたプロフェッショナルサービスをあわせてご提供することで、開発者がアプリケーション開発に専念できる環境を作ります。eT-Kernelプラットフォームは、カーナビやデジタル家電に加え、航空・宇宙分野、FA機器、OA機器など幅広い分野で多くの採用実績があります。eT-Kernelの3つのプロファイルの1つで、すべてのプロファイルの核となる「eT-Kernel/Compact」は、機能安全規格ISO 26262(自動車)およびIEC 61508(産業機器)ともに最高の安全度水準(ASIL D, SIL 4)の第三者認証を取得しています。

eT-Kernel Platform詳細


イーソル株式会社について

イーソル株式会社は「Inside Solution」をブランドスローガンに、1975年の創業以来、組込みソフトウェア業界、および流通・物流業界で実績を重ねて参りました。ユビキタス社会を内側から支える技術者集団として、お客様の満足を第一に、開発、販売からサポートまで一貫したサービス、そしてトータルソリューションを提供しております。弊社は創業直後より30年以上にわたって、高信頼かつ高性能の組込みOS・開発環境・各種ミドルウェアを自社開発、販売し、デジタルカメラなどの情報家電製品から車載情報機器や人工衛星システムにいたるまで、数多くの組込みシステムに採用いただいています。日本市場のみならず、北米、ヨーロッパ、アジア市場向けに製品・サービスの販売活動を広げています。さらに、顧客様のシステムに特化した組込みアプリケーション開発やコンサルテーションも創業時より行っており、これら様々な規模のシステム開発実績による技術とノウハウの蓄積を背景としたサービスは、多くの顧客企業様より高いご信頼をいただいております。また、組込み技術の応用市場としての流通・物流業界においても、指定伝票発行用車載プリンタ、耐環境ハンディターミナル、冷凍庫ハンディターミナルなどの製品企画および販売を行い、高い評価をいただいております。
イーソル会社情報へ


*記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

報道関係者向けPDF形式ファイルはこちら