イーソルは、マルチコアOSの開発販売とメニーコアOSの研究開発に加え、産学連携や業界団体を通じた活動を活発に行い、マルチ・メニーコア技術の推進に注力しています。

このたびET2013の併催セミナーとして、マルチ・メニーコアセミナー「ハイパフォーマンスを身近に!最新マルチ・メニーコア技術」を、ルネサス エレクトロニクス、トプスシステムズ、Multicore Association、および一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)と共催します。この中でイーソルは、マルチコアおよびメニーコアそれぞれのOS技術について講演を行います。

参加料は無料です。マルチコア、およびメニーコアの最新事情にご興味をお持ちのすべての方のご参加をお待ちしております。

また併催のET2013イーソルブースでは、マルチコア対応リアルタイムOS「eT-Kernel Multi-Core Edition」およびメニーコア対応リアルタイムOS「Many-Core real-time OS(MCOS)」(仮称)のデモ展示を行います。あわせてお立ち寄りください。

本セミナーにご参加された方に、当日もれなく「組込みマルチコアハンドブック技術・応用編(改訂版)」(一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)発行)を差し上げます。

セミナー概要

「ハイパフォーマンスを身近に!最新マルチ・メニーコア技術」

NEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)プロジェクトで現在推進中のマルチ・メニーコアに関する標準プラットフォーム実用化開発について概説する。本セミナーでは、まず全体像を紹介し、その後でハードウェア、ソフトウェアについて、組込みシステムにおける応用の可能性も含めて説明する。さらに、本活動の成果であるプラットフォームの標準化を進めることになったMulticore Associationからも活動紹介を行う。

日程 2013年11月22日(金) 13:00~17:00
会場 パシフィコ横浜 アネックスホール2F 【F203】
みなとみらい駅より徒歩3分
JR桜木町駅より徒歩12分/バス7分/タクシー5分
横浜駅よりタクシー7分/シーバス(船)10分
共催 一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)、Multicore Association、
ルネサス エレクトロニクス株式会社、株式会社トプスシステムズ、イーソル株式会社
後援 独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
参加料 無料(事前登録制)
事前登録はこちら
※本セミナーの参加申し込みは、ET2013の来場事前登録が必要です。「登録者マイページ」にログイン後、「カンファレンス申込」より申し込みを行えます。本セミナーのセッションNo.「MM-1」をお選びください。


プログラム

時間講演
13:00-13:20 多様なマルチ・メニーコアの高度な活用を可能にする標準プラットフォーム開発とエコシステム構築
【講演者】荒川 文男 氏
一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA) マイクロプロセッサ専門委員会 委員長
13:20-14:00 制御アプリケーションに適した標準モデル準拠メニーコアチップの開発
【講演者】近藤 弘郁 氏
ルネサス エレクトロニクス株式会社 第一事業本部 コア技術事業統括部 CPUシステム事業推進部 主管技師
14:00-14:40 物体認識用超高性能ヘテロジニアス・メニーコアのアーキテクチャと標準モデル
【講演者】松本 祐教 氏
株式会社トプスシステムズ 代表取締役社長 博士 (情報科学)
14:40-15:00
休憩
15:00-16:00 マルチコアOS実装技術の今とメニーコアOS技術の挑戦
【講演者】
権藤 正樹
イーソル株式会社 執行役員 ソフトウェア技術統括責任者 兼 技術本部長
坂本 裕和
イーソル株式会社 エンベデッドプロダクツ事業部技術部 OS課 課長
16:00-17:00 Establishing a portable interface between hardware and software in multi-many-core systems
【講演者】Markus Levy 氏
Multicore Association, President