ドライバーステータスモニター

株式会社デンソー様

株式会社デンソー様が開発した、ドライバーの運転状態を検出する「ドライバーステータスモニター」に、マルチコアプロセッサ対応のリアルタイムOS eT-Kernel Multi-Core EditionとeBinderが採用されています。

ドライバーステータスモニターは、近赤外線カメラとECU(電子制御ユニット)から構成されます。近赤外線カメラでリアルタイムにドライバーの顔を撮影し、撮影した画像をもとにECUが顔の向きや目の開き具合などを検出・解析し、ドライバーが一定時間、目を閉じたり正面を向いていない状態が続くと、警報を鳴らしてドライバーに安全運転を促します。




採用製品

 

採用事例一覧