概要

近年、農業生産現場における環境計測と計測データの活用に対する需要が高まり、ICT(情報通信技術)を駆使したスマートアグリへの転換が加速化しています。農業生産現場では、温度・湿度などの環境データの自動収集や農産物の生育に適した環境維持、農作物の安定的な収穫が求められており、これらを容易に実現する手法としてスマートアグリが期待されています。さらに、複数のユーザによる収集データの管理・閲覧をリアルタイムで行えるシステムの必要性が増し、クラウド技術や「IoT(Internet of Things=モノのインターネット)」が今後ますます重要になってきます。

イーソルは、スマートアグリ市場向けにクラウド技術を利用した環境データ管理システム「eSOL AGRInk®(イーソル アグリンク)シリーズ」を開発し、農業生産現場へのICT導入と生産性および競争力の向上を支援します。

さらに、生産管理システムや施設内設備の遠隔操作が可能な通信制御機器などのスマートアグリ市場向け製品の開発に加え、これらの技術を応用した気象データや放射線データ、施設などの監視システム開発も行っていく予定です。


製品・サービスラインアップ

クラウド技術を利用した農場監視システム
AGRInk Server  

植物工場向け環境データ測定システム
AGRInk Server植物工場仕様  

防災・減災モニタリングシステム
防災・減災システム向けAGRInk Server  

CO2コントローラ
AGRInk CO2CON  
  • メールフォームはこちら
  • お電話はこちらから

    03-5302-0670