2017年01月20日

イーソルは、従業員の自律的なキャリア形成を積極的に支援している企業を表彰する「グッドキャリア企業アワード2016」(実施:厚生労働省)において「イノベーション賞」を受賞しました。

本賞は、労働者の自律的なキャリア形成支援について、対象者、取り組み手法等を重点化した上で、今後のさらなるキャリア形成支援の展開が見込まれるなど、他の模範となる取り組みを推進し、その成果が認められる企業等に贈られる賞です。

厚生労働省 報道発表資料

評価のポイント:

イーソルは、「従業員数381人の中堅企業として、専門的なキャリア支援サービスを網羅的に展開」している点が評価され、今回受賞の運びとなりました。その具体的な取り組みは以下です。

  • ▷ 2・3・5・10年次に節目研修を実施し、キャリアの振り返りと今後のキャリアプランを検討する機会を設定
  • ▷ 社内キャリアコンサルタント及び社外EAP機関への相談体制の確保
  • ▷ 人事考課基準(各能力等級の人材イメージや点数配分、昇格・降格の基準など)の公開と評価者研修の実施により公正な人事考課を実施

厚生労働省が運営する「グッドキャリア企業応援サイト」に掲載された「グッドキャリア企業アワード2016 受賞企業好事例集」に、イーソルの具体的な取り組み内容に加え、効果や社員の声などが掲載されています。
グッドキャリア企業アワード2016 受賞企業好事例集(PDF)

2017年1月20日(金)に開催された表彰式に、取締役 経営企画室長 久保田 伊佐雄 が登壇しました。また、表彰式後のパネルディスカッションでは、管理部 人材開発担当課長 澤田 綾子 が登壇しました。表彰式の様子については、下記のウェブサイトにて、記事をご覧いただけます。

厚生労働省
時事ドットコム
マイナビニュース
日経ビジネスオンライン

イーソルでは、年齢や性別を問わず、多種多様なすべての社員が、いきいきと・元気で・モチベーション高く活躍し続けられる社内風土・職場環境の実現に取り組んでいます。今後も、多様な人材が活躍できる職場環境の実現に向け、働き方改革・人材育成・両立支援に関する制度・施策の拡充等をさらに推進していきます。