世界的な自動車市場の拡大と再編が予想される中、自動車開発において大きな比重を占める車載ソフトウェアの品質と開発スピードの向上、および開発コストの低減は重要なポイントになってきています。

イーソルでは、これらの課題を解決するために、車載ソフトウェアの開発を「高速」、「軽量」、「簡単」に実現する、AUTOSAR 仕様に準拠したツールセットをご提供しています。また、独自仕様ソフトウェアの受託開発も行います。これらにより、お客様の車載ソフトウェアの品質向上と ECU(Electronic Control Unit) 開発スピード短縮、および開発コストの低減が可能となります。


AUTOSAR とは

AUTOSAR(AUTomotive Open System Architecture) は、欧州の自動車メーカー・部品メーカー主導で車載ソフトウェアの部品化・車載プラットフォームの共通化を目的に 2003 年 7 月に設立された組織です。
AUTOSAR 仕様として、車載ソフトウェアのアーキテクチャやインタフェース、開発方法などを定義しています。

eSOL ECUSAR



eSOL ECUSAR とは

eSOL ECUSAR(イーソル イーシーユーザー)は、AUTOSAR メソドロジを支援するツールとして ECU コンフィグレーション及び BSW の自動生成を行います。


構成
  • eSOL ECUSAR/BSW : BSW ソースコードジェネレータ

ECUSAR/Config が生成した ECU コンフィギュレーション記述 (ECU Configuration Description) を読み込み、BSW のソースコードを自動生成するツール

  • eSOL ECUSAR/Config : コンフィギュレータ

あらかじめ用意したテンプレートをベースに、ECU の複雑で詳細な設定が、数度のクリック操作で簡単にできるコンフィギュレータ

  • eSOL ECUSAR/Plug-In : プラグインモジュールライブラリ

固有のニーズやきめ細かな設定をBSWに反映するためのモジュールライブラリ

AUTOSAR における eSOL ECUSAR のカバー範囲


特長


【 軽量 】

日本の OEM、Tier 1 ベンダ様の使用頻度の高いモジュールのみを搭載。システムサービス層、通信層に特化したモジュール群





【 高速 】

実用に耐えうるパフォーマンスレイヤ間を簡略化し、高速化を実現






最適化されたオートコード



【 簡単 】

AUTOSAR 仕様を意識させない開発プロセス



これらの 特長の概念図を PDF ファイル (176KB) でダウンロードいただけます。


TOPPERS/ATK2向けプロフェッショナルサービス


イーソルは、名古屋大学組込みシステム研究センター(NCES)が設立した、車載制御システム向け高品質プラットフォームに関するコンソーシアム型共同研究(通称:APコンソーシアム)に参加しています。NCESは、複数の国内企業と共同で、AUTOSAR仕様ベースの次世代車載システム向けリアルタイムOS「TOPPERS/ATK2」を開発しました。イーソルは、このTOPPERS/ATK2を対象に、技術サポート、カスタマイズ、インテグレーションなどを含む受託開発サービスと、AUTOSAR導入支援のコンサルティングサービスを提供しています。
  • メールフォームはこちら
  • お電話はこちらから

    03-5365-1280