概要

ビジネス環境の変化に対応するプロジェクト管理機能群をオールインワンパッケージにて提供します。 

組込みシステムの高度化に伴って、ソフトウェア開発の肥大化と複雑化がとどまることなく進行し続ける中、人手による開発プロセス管理は限界を超えています。さらにソフトウェア開発の現場はビジネス変化の速さにも対応を迫られており、より柔軟に変化に対応できる開発手法への転換を迫られています。

eWeaver(イーウィーバー)は、変化に強く、生産性と開発効率の高い開発組織の醸成をサポートする、ウェブブラウザをインタフェースとする開発プロセス支援ツールです。

オープンソースソフトウェア(OSS)のプロジェクト管理ツール「Redmine」やバージョン管理ツール「Subversion」をベースに、組込みソフトウェア開発の要求分析からリリース後の問題管理まで、ソフトウェアライフサイクル全般のプロセスを管理するための機能をパッケージングしました。

一連の管理機能により各プロセスの状態を可視化し、追跡性を向上します。特に、アジャイルフレームワークScrumをサポートするBacklogsプラグインの実装により、バックログを用いた効率的な開発アイテム管理を実現しました。これにより変化への柔軟性と生産性の向上をサポートします。

さらにツールとして分離されがちな成果物間のトレーサビリティ管理機能を実装し、操作性の同じツール上でプロセスのトレースと成果物のトレースを可能としました。本機能により機能安全規格が求めるトレーサビリティの確保を支援します。

eWeaverは、イーソルが開発を行い、イーソルトリニティ株式会社が販売・製品サポートを行います。製品の導入に関するお問い合わせは、イーソルトリニティまでお願いいたします。

システム構成

eWeaverは、プロジェクト管理ツール「Redmine」やバージョン管理ツール「Subversion」などのオープンソースを基盤に、マイクロソフト社の「Microsoft Word」や「Microsoft Excel」で作成した文書との連携機能を含む独自のRedmineプラグインなどを実装しています。

 
 
eWeaverの機能構成図




特長


要求管理から出荷後のサポートまで開発プロセス全体を一元管理
各種ドキュメントとソースコードはSubversionで管理し、プロジェクトの問題点やレビューやテストなどの活動は「チケット」としてRedmineで管理します。チケットを分類してワークフローを定義するRedmineの「トラッカー」には、要求管理から出荷後のサポートまでをカバーする各開発プロセスが標準で設定されています。


 
トレーサビリティ管理 (※図をクリックすると拡大します。)

アジャイルフレームワークScrumをサポートする「Backlogs」プラグインの実装により効率的な開発管理を支援
バックログ画面はアジャイル開発手法Scrumにおけるプロダクトバックログとスプリントバックログを表示し、プロジェクトにおける開発アイテムを管理します。変更要求や障害対応などを含めたすべての開発アイテムはプロダクトバックログに追加され、その後各Sprintに割り当てられて開発されます。各開発アイテムはドラッグ&ドロップで簡単に移動できるため、容易に計画変更ができ、かつ現在の作業計画を一目で確認できます。これにより顧客からの変更要求等、開発計画の変更要因に柔軟に対応することが可能になります。
 
バックログ画面 (※図をクリックすると拡大します。)

カンバン画面は各開発者の作業タスクを見える化するタスクボードです。横軸にタスクの作業ステータスが記載され、各タスクの作業状況を見える化します。各タスクは画面上でのドラッグ&ドロップでステータスの遷移が可能です。これにより開発チーム全体や各開発者の作業進捗状況をリアルタイムで確認することが可能になります。
 
カンバン画面 (※図をクリックすると拡大します。)

トレーサビリティアイテムの自動抽出、リンケージ生成、インパクト分析を可能にする独自機能を実装
各種ドキュメントやソースコードに埋め込まれたトレーサビリティアイテムを抽出(オーサリング)し、そのアイテム間のリンケージ生成と管理する機能を提供します。これにより、開発途中に変更要求が発生した時は、チケットや成果物への影響範囲を自動的に抽出し、全体へのインパクト分析が可能です。これらの機能は、Redmineの独自プラグインと、それと連携するマイクロソフト社の「Microsoft Word」や「Microsoft Excel」向けアドオンとして実装されています。
 
一括リンケージ (※図をクリックすると拡大します。)



UIにはRedmineのウェブブラウザインターフェースを採用
慣れ親しまれたRedmineのUIを採用しています。ウェブベースなので、インターネット接続ができる環境下であれば、どこからでも利用できます。 ウェブブラウザは、Internet Explorer、Chrome、Firefoxに対応しています。

機能安全規格の適合を支援
eWeaverは、ソフトウェア開発手法やプロセスの正しさの証明を必要とする機能安全適合にも有用です。

さまざまなサービスを組み合わせた包括的支援
トリニティは、eWeaverの販売と製品サポートだけではなく、プロセス改善や機能安全など、課題に合わせた導入前後のコンサルティングやトレーニングサービスなどを組み合わせて、開発現場を総合的に支援します。

提供形態

eWeaverは、イーソルが開発し、イーソルトリニティが販売します。提供形態は、以下の2種類を用意しています。クラウドサービスを利用することで、開発体制の変更に伴うサーバ容量の増加と、複数拠点における情報の共有が可能となります。

  • 「クラウド版」イーソルトリニティが提供するクラウドサービス「eSOL TRINITY Cloud」で運用
  • 「オンプレミス版」お客様の設備環境への導入と運用
  • メールフォームはこちら
  • お電話はこちらから

    03-5365-1280