eSOL SEAP(Smart Energy Architecture Platform)

概要

eSOL SEAPは、自律・分散型のEMS(Energy Management System)やパワーコンディショナー開発用のフレームワークと、リプログラミングや機器診断など、今後のエネルギーシステムに必要不可欠な機能を提供します。

ユーザはeSOL SEAPにより、競争領域であるアプリケーションやハードウェアの開発に専念できます。


スマートコミュニティへの要求

・接続する機器の増減やコミュニティの拡大・縮小への対応
・連続運転
・多様な設置環境、コミュニティの形態への柔軟な対応
・様々な機器で利用可能
・系統と切断されても自律動作が可能(地産地消)
・重大事故を未然防止
・階層構造やコミュニティ間の連携の容易性
・アプリケーション開発の容易性
・データの信頼性確保
・維持・管理の容易性


自律分散電源によるスマートコミュニティの実現

市場の要求
・多種多様な電力ノードへの要求の実現
・高度なIT技術を用いた自律分散型電源の提供

課題
・個別に基盤から多様な要求に対応することは困難
・各電力ノードのベーシックな部位への要求は共通

プラットフォームとそれに即した開発フレームワークを導入することで、
これらの要求に素早く柔軟に対応し、開発効率を向上させることができます。


特長

eSOL SEAPは、プラットフォームに要求される要素の実現をサポートするソフトウェアフレームワークです。

・スマートエネルギーシステムに関わる様々な機器に対して適用可能な
 プラットフォームを構築
・ソフトウェアモジュールを疎結合化し、独立性を高めることで、ソフトウェアの
 資産化が可能
・機器の動的な接続/切断、および扱うデータの動的な変更に対応
・エネルギーデバイスだけではなくIoTデバイスとの共存も可能


アーキテクチャ概要


※クリックすると拡大表示します。


システム構成例



システム層(CEMS、BEMSに該当)
・下位機器に対する制御
・下位機器から収集した情報を見える化

ゲートウェイ層(HEMSに該当)
・上位機器の制御指示を元に自律動作
・下位機器に対しての制御指示
・下位機器からの情報を上位機器に通知

デバイス層(PCS、IoTデバイスに該当)
・上位機器の制御指示を元にした自律動作
・各種情報の上位機器への通知

Renesas Synergy™プラットフォームに対応したeSOL SEAP評価版をご用意しています。(関連情報:Renesas Synergy™プラットフォームの導入事例紹介インタビュー


標準アプリケーション

システムマネージャ
・接続されているeSOL SEAP搭載マネージャ機器を管理し、階層構造を実現
・マネージャ機器の情報取得や、マネージャ機器への制御指示が可能

コンポーネントマネージャ
・接続されているパワーコンディショナーやIoTデバイスを管理
・各パワーコンディショナーに対して動的なIDの割り当ておよび管理を行うことで、機器の台数に依存しないシステム開発が可能

診断マネージャ
・eSOL SEAPに搭載されている機器を診断
・eSOL SEAP搭載機器のリプログラミングを実行

モベルベース I/F Block Library
・MATLAB®向けeSOL SEAPのインターフェースライブラリにより、ソースコードを書き換えることなく、MATLAB®で開発したアプリケーションとeSOL SEAPの結合が可能


次世代の分散型エネルギーシステムへの適用

経済産業省資源エネルギー庁が2014年4月に発表した「エネルギー基本計画」の推進を受けて急速な発展が期待される次世代の分散型エネルギーシステムに、eSOL SEAPの採用を予定しています。

イーソルは、eSOL SEAPの開発で、株式会社スマートエナジー研究所およびdSPACE Japan株式会社と協業しています。
スマートエネルギーシステムのインテグレーションはスマートエナジー研究所が行っており、エネルギーシステムを動作させるアプリケーションは、dSPACE Japanのモデルベース開発ツールを用いて設計されています。また、自動コード生成ツール「TargetLink®」を使用して、シームレスにeSOL SEAPへの実装を可能にします。

  • メールフォームはこちら
  • お電話はこちらから

    03-5365-1280