概要

eMCOS SDKは、メニーコアOS eMCOSを中心に構成したソフトウェア開発キットです。eMCOSやメニーコアプロセッサの評価に最適です。

eMCOSはT-KernelとPOSIXのAPIをサポートし、標準的なドライバ群と一緒に提供されます。このため、シングル/マルチコア向けのμITRON、T-KernelおよびLinuxアプリケーション資産を容易に再利用できるので、短期間で評価ができます。

MPPA®-256、TILE-Gx8036に対応した「eMCOS SDK」を提供しています。

構成

eMCOS SDKは、eMCOSと各種ミドルウェアを含むランタイムソフトウェアと、eMCOSに特化した開発ツール群「eMCOS IDE Plug-in」で構成されます。

ランタイムソフトウェアには、eMCOSに加え、TCP/IPプロトコルスタック「PrCONNECT/Pro」FATファイルシステム「PrFILE2」USBホストスタック「PrUSB/Host」、およびデバイスドライバを含むボード依存部 Board Support Package(BSP)が含まれます。

eMCOS SDK構成

ハードウェア環境

eMCOS SDKは、以下の環境に対応します。

プロセッサ
  • MPPA®-256, Andey(Kalray社、256コア搭載)
  • TILE-Gx8036(EZchip社、36コア搭載)
ボード
  • MPPA® BOARD EMB01(Kalray社)
  • TILEncore-Gx36(EZchip社)
ホスト環境
Red Hat Enterprise Linux または CentOS Version 5/6
※eMCOS IDE Plug-inは、ターゲット環境標準の開発ツールがサポートするホスト環境で動作します。


eMCOS IDE Plug-in

eMCOSのアプリケーション開発には、半導体ベンダから提供される各メニーコアプロセッサ標準のEclipseベースの統合開発環境と、そのプラグイン(機能拡張モジュール)として機能する「eMCOS IDE Plug-in」を利用します。

eMCOS IDE Plug-inは、eMCOSに特化した開発ツール群とユーティリティで構成されます。ビルド、デバッグ、システム解析などに利用します。

メニーコア対応デバッガ

スレッド(タスク)単位でウィンドウを開き、ステップ実行やブレークなどができます。

※クリックすると拡大画像が表示されます。

Real-Time Profiler

Real-Time Profilerは、システムの性能面のふるまいを解析表示するサンプリングベースのツールです。設計で意図した性能的ふるまいを各コア、スレッド、関数がしているかを確認することができます。比較的長時間にわたった動作の記録と解析ができるため、システムの特定の機能の動作が遅い場合などのボトルネックの解析に大きな効果を発揮します。  

スレッド(タスク)や関数別のCPU使用率を、メニーコアプロセッサ全体、特定コア、特定スレッドと段階的にスコープを変えて、グラフで表示します。また時系列の使用率の変化も表示できます。関数・スレッドの動作効率や、コアの使用効率を直感的に把握できます。

※クリックすると拡大画像が表示されます。


※クリックすると拡大画像が表示されます。


※クリックすると拡大画像が表示されます。

Message Profiler

Message Profilerは、メッセージ通信の状況を解析するツールです。

eMCOSではほとんどのOS機能、そしてドライバやミドルウェア、アプリケーションに至るまで、メッセージパッシングの機能を用います。そのため、メッセージパッシングを解析することによって、システムの多くのふるまいを捉えることができます。 

※クリックすると拡大画像が表示されます。

Trace Analyzer
Trace Analyzerは、eMCOSのAPIや割込み、スレッド切り替えなどのイベントをトレースし、解析表示します。

※クリックすると拡大画像が表示されます。


※クリックすると拡大画像が表示されます。


  • メールフォームはこちら
  • お電話はこちらから

    03-5302-1360